本文へ移動

陳情の詳細情報

陳情第7号 「集団的自衛権」の行使を容認する閣議決定の撤回を求める意見書提出に関する陳情

受理番号
陳情第7号
受理年月日
平成26年8月22日
付託委員会
総務
委員会付託日
平成26年9月1日
議決結果
不採択
議決年月日
平成26年9月30日

内容

陳情第7号
  「集団的自衛権」の行使を容認する閣議決定の撤回を求める意見書提出に関する陳情

【要旨】 
 平成26年7月1日、安倍内閣は、憲法の解釈を変えることによって「集団的自衛権」の行使を容認するという閣議決定をおこないましたが、蕨市議会として、この「集団的自衛権」の行使を容認する閣議決定の撤回を求める意見書を国に提出してください。

【理由】 
 憲法とは国民の権利を守るために内閣を縛るためにあるものであり、内閣には、憲法の解釈をその一存で変える権利はありません。憲法の解釈を変えるということは実質上、憲法の内容を変えてしまうことであるため、もし憲法の内容を変えたいのであれば、憲法自体に規定された正規の手続きに基づいて国民にその是非を諮り、国民の合意を得る必要があります。
 したがって、このたびの安倍内閣による「集団的自衛権」行使を容認するという閣議決定は、そもそも憲法違反であり、無効です。
 憲法に反した無効な手続きに従うことは、国民としても到底できません。
 また、「集団的自衛権」の行使に関しても、安倍内閣が説明しているように日本が自国の領土や国民を守るためであるならば現在すでに日本が有している「個別的自衛権」でじゅうぶん対応できるため、必要ないと考えられます。必要がないどころか、同盟国アメリカの関係する戦争や紛争を手助けする義務を日本があらたに負うこととなり、人的、経済的損失を被るおそれがあります。したがって、「集団的自衛権」の行使の容認は、必要ないということになります。
 以上の理由から、蕨市議会に対して、この事実をふまえた上で「集団的自衛権」の行使を容認する閣議決定の撤回を求める意見書を国に提出することを要望する次第です。

Copyright(c) 2007- 蕨市議会公式サイト Warabi City Council. All Rights Reserved.