発言通告一覧

質問内容検索
会議名
議員名 or
質問日 年〜
会派(代表質問のみ)
質問区分
表示順    
表示件数    リセット
1 登録件数 14 件    
発言順 質問者 質問内容
 平成24年第5回定例会
  平成24年9月24日
1 梶原秀明
会議録を表示
1 保育園の新設について
(1)蕨市は、民間法人から保育園建設の申し出を受け、新規認可に向けて必要な支援を行うことを表明したが、県の認可状況はどのようか
(2)保護者と市及び保育園との関係は、市立保育園とどのような違いがあるのか。突然の撤退などの懸念はないか
(3)市または国・県と保育園との関係は、市立保育園とどのような違いがあるのか。国の交付金、県補助金はどのようになるのか。施設改修の責は誰が負うのか。事故等が起きた時の責は誰が負うのか。事業報告は市に行われるのか
(4)民間保育園開園後に、定員の変更や施設整備などで、保育園側と交渉することは可能か
2 精神障がい者への交通費補助について
(1)国土交通省は7月31日にバス事業者の標準運送約款を改正し、運賃割引の対象者に、精神障がい者を加えた。蕨市が、市内・県内で運行するバス事業者に、当該制度の実施を求めてほしいと思うがどうか
(2)県内で、民間バス事業者の精神障がい者向け運賃割引を実施している自治体または事業者はどのようか
(3)精神障がい者が地域で自立した生活を送るため、身体障がい者・知的障がい者と同様にタクシー券・ガソリン券の補助を行うよう検討を進めてほしいがどうか
3 鳩害等の対策について
(1)公園でのえさやりにより、鳩や猫の糞害に困っている市民がいる。公園での注意喚起看板の設置状況はどのようか
(2)市民のモラルを高めるために、市としても広報わらび等で適宜注意を喚起してほしいが、周知状況や効果はどのようか
(3)電線に鳩が止まらないよう東京電力は対応していると聞くが、市としてその対策を電力会社に要望できないか
4 北町公民館等のカラオケ設備について
(1)北町公民館のカラオケは多くの市民に好評の設備であるが、老朽化が著しく機能回復・向上を望む声が強い。現設備は寄附によるものと聞くが、その設置の経緯と最近の機能悪化の状況はどのようか
(2)現設備を大幅改修する場合と、新設備を設置する場合の見積費用はどのようか。カラオケの機能回復・向上を図ってほしいと思うがどうか
2 高橋悦朗
会議録を表示
1 「老朽空き家等の安全管理に関する条例」の制定について
(1)平成23年12月定例会において「空き家、廃屋等の対策」について一般質問を行い、条例化と解体費用の助成を提案したが、今回の条例案制定の目的と経過についてどのように行われたのか
(2)市民からの倒壊家屋等危険家屋に対する苦情や相談はどのようであったのか。具体的対策が必要な空き家件数及び所有者、相続人不明の件数について
(3)行政代執行により、廃屋の解体、資材・土砂・がれき・廃材・自転車・自動車等の除去・撤去、屋根材等飛散防止応急工事が実施されるのか
(4)行政代執行は、機能不全になりやすく、実効性は確保されるのか。また、代執行までの期間措置としては、どのように手当てするのか
2 難聴児への補聴器購入助成について
(1)難聴児の早期発見、早期ケアを実施する体制整備が重要であるが、検査体制の在り方、検査後の治療、保護者に対する指導、医療機関との連携等フォロー体制の整備は行われているのか
(2)小・中学校児童・生徒の聴力検査において軽度・中等度難聴児と判定された人数について。また、その推移はどのようか
(3)県は、今年度より軽度・中等度難聴児の補聴器購入助成事業を行っているが、本市においても、高額な補聴器購入の自己負担を軽減するために助成することはできないか
3 総合型地域スポーツクラブについて
(1)総合型地域スポーツクラブの意義と県内クラブ設置状況についてはどのようか
(2)本市において、いままで検討されてきた内容、今後の設置に向けての課題はなにか
(3)地域を軸とした総合型地域スポーツクラブの効果と役割を認識し、併せて市民参加のスポーツ都市宣言を行い、スポーツ振興策として取り組むことはできないか
3 一関和一
会議録を表示
1 老朽化した公共施設の再整備・再配置と旧日本車輌社宅跡地の買収問題について
(1)平成19年2月に策定された「公共施設再整備・再配置の方針」には、施設の老朽化や市民ニーズの変化に対応した再整備・再配置の必要性が謳われているが、現時点の進捗状況について
(2)老朽化した公共施設の再整備・再配置の優先度をどう捉えているのか。また、学校に続く公共施設の耐震化の見通しについて
(3)過去に5回、旧日本車輌社宅跡地(約2,000坪)は買収すべきと提言し続けてきたが、その都度悉く財政難を理由に一蹴されてきた。しかし、現在市の財政状況は健全化しつつあり、公共施設の再整備・再配備の適地としてこの土地の買収を英断すべき時期ではないか
2 (仮称)蕨市債権管理条例の制定の見通しについて
(1)平成23年度決算ベースにおける市税等の滞納債権と不納欠損の現年度分と繰越分の状況について
(2)ここ数年来、滞納債権問題を取り上げ、市の財政収入の安定的確保の観点から、厳しく言及してきたが、その成果についてどう認識をしているか
(3)債権には公債権と私債権があると聞くが、その区分けと相違点について
(4)公債権における強制徴収の状況と私債権における裁判所の強制執行の状況について
(5)債権管理マニュアルの策定の有無について
(6)蕨市債権管理委員会の取り組みと成果及び課題について
(7)市債権の管理は恣意的であってはならず、公正・公平性を確保することが必要であり、そのため蕨市債権管理条例の制定を求めてきたが、その見通しについて
3 北町2丁目地区の防災倉庫の整備について
(1)現在、市内5地区の防災倉庫の整備状況(場所を含む)とその管理体制について
(2)北町2丁目地区の防災倉庫の整備が求められているが、どう対応するのか
(3)広域避難場所として利用される学校施設には、全国的に見て防災倉庫が併設されているケースが見受けられるが、当市の場合は、皆無である。既に学校施設は聖域ではなく、防災倉庫の整備は急務であり併設は考えられないか。とりわけ、北町2丁目地区の防災倉庫を北小学校内に整備する考えはないか
4 鈴木智
会議録を表示
1 防災対策の充実・地域防災計画の見直しについて 
(1)蕨市地域防災計画の見直しについて
@見直しにあたっての検討をどのように行っていくか。その際に、対象となる災害と被害想定、対策・対応など見直すべき内容はどうか
A埼玉県地域防災計画の見直し状況と今後の検討課題はどのようになっているか。蕨市地域防災計画にどのように反映させるか。一方、蕨市独自の課題や取り組みなどについては、どのように反映させる考えか
B計画の見直し、今後の具体化、災害発生時の対応などで、市民参画と協働についてどのように位置付け取り組むか。また、いわゆる「自助・公助」については、どのように位置付け、市はどのようにかかわっていく考えか
(2)いくつかの課題について
@災害の種類や規模に応じた対策・対応がとれるような訓練や対応の検討が必要と考えるが、蕨市の対応はどうか。市の担当者や防災関係者による図上訓練などを行っていく考えはないか。また、各コミュニティ・地域単位での図上訓練や避難計画策定のワークショップなどを行っていく考えはないか
A大規模震災時の家屋倒壊・火災発生による被害の拡大を防ぐための蕨市の対応はどのようか。特に、木造住宅の耐震化を推進するうえで課題になっている点、今後の対策をどのように考えるか。また、当面、家具の転倒防止や安全な暖房器具の普及などすすめる考えはないか
B災害時要援護者への蕨市の対応について、特に計画の策定状況と今後の推進計画などの取り組みについてはどのようか。地域・コミュニティとの連携はどうか。実態に合った対応を具体化するうえで、福祉部門など部課を横断した取り組みが必要になると考えるがどのように検討されているか
C各家庭で、災害時の対応や日ごろの備え、家屋や周辺環境の改善などをチェックし、災害時の対応に役立つ支援が必要と考えるがどうか
2 留守家庭児童指導室の運営について
(1)昨年度と比べ、特に児童数が増えた留守家庭児童指導室ではどのような対応がとられたか。また、今後さらに対応が必要な課題については生じていないか
(2)指導員の研修や情報交換、管理者との打ち合わせや相談などはどのように行われているか。また、延長保育実施にあたっての協議や保護者からの要望についての相談などはどのように行われ、意見はどのように反映されてきたか
(3)延長保育について、利用できる要件を緩和し、例えば急な残業などにおいても利用できるようにならないか
(4)児童が急病やけがをした際の対応についてはどのように決められているか。また、救急時の対応などについて研修や相談は行われているか。夕方以降、緊急な事態が発生した場合の判断などはどのように行われているか
5 大嶋公一
会議録を表示
1 いわゆる「いじめ」問題について
(1)いわゆる「いじめ」は、犯罪であると認識するが、教育委員会及び本市の認識について
(2)2004年に市内中学校で発生をした、いわゆる「いじめ」を苦にした中学生の自殺事件について、その後の対応と検証について。また、検証結果をいかにその後の施策に反映をさせたか
(3)大津市での事件をはじめ、いわゆる「いじめ」が原因とみられる自殺事件が各地で発生をしているが、一連の事態を受けて、本市において小・中学生の児童・生徒を対象に関連するアンケート調査の実施等、実態を把握する取り組みはなされているのか
(4)品川区教育委員会では、いわゆる「いじめ」の加害者と目される児童・生徒に対しては、出席停止を積極的に措置していくとのことであるが、教育委員会における対応について
(5)フリースクール等との連携について
(6)いわゆる「いじめ」に対しては、教育委員会及び学校のみならず、警察、児童相談所、人権擁護委員、法務局等関係機関との連携、または対応の移管を積極的に図るべきと考えるが、教育委員会及び本市の見解について
(7)いわゆる「いじめ」に対応する部局横断の窓口・部署を設けるべきと考えるが、教育委員会及び本市の見解について
(8)大津市議会では、昨年発生した市内中学生のいじめ事件に関して、いじめの根絶に向けた総合的な取り組みを社会全体で進めるため「(仮称)大津市いじめ防止条例」制定に向けた議論が行われているとのことであるが、本市においても、同趣旨の条例を制定し、体制を整備していく考えはないか
2 使用済小型電子機器等の再資源化について
(1)先の通常国会にて成立・公布された「使用済小型電子機器等の再資源化の促進に関する法律」において、地方公共団体の責務として、使用済小型電子機器の回収につき市町村の役割が規定されている。本市としても、本件につき積極的に協力すべきと考えるが、市の見解について
3 歯科口腔保健の推進について
(1)昨年の第177回国会で「歯科口腔保健の推進に関する法律」が成立し、また平成23年10月には、埼玉県においても同趣旨の条例が制定されているが、本法律及び条例の制定・公布を受けて、本市においていかに歯科口腔保健の推進に取り組んでいくか
(2)本市で実施している歯周疾患検診の受診率が低率で推移しているが、受診率の向上につきいかに取り組んでいくか。また、歯科医師会等の関係機関との連携について
(3)先進諸国では、歯科口腔保健の推進につき、罹患後の治療に比して、罹患前の予防を重視する傾向にあると聞くが、本市において、予防医学の観点から本件につきいかに取り組んでいくか
  平成24年9月25日
6 保谷武
会議録を表示
1 錦町区画整理地域内において(本来は即時に改修工事が必要であるにもかかわらず二重投資になるという理由で)工事実施が留保されている案件について
(1)このような案件として、どのようなものがあるか。種類別件数、及び具体事例はなにか
(2)工事実施を留保するか否かの判断基準はなにか
(3)本来は即時に改修工事が必要な案件の工事実施を、区画整理工事が完了するまで留保し続け、住民に我慢を強いることが妥当なのか
2 蕨市の将来イメージ、近隣市との自治体間競争への認識について
(1)市長公約新あったかプランにおける「にぎわいと活力ある蕨」の具体的イメージはなにか。数値目標はなにか
(2)政策立案、行政事務執行の上で、近隣市との自治体間競争という視点で、どのような点や比較指標に注意しているか
(3)蕨市の現状における市のイメージについてどのように認識しているか
(4)蕨市のブランドをどのように育てていくのか
3 本市内の特定失踪者問題について
(1)捜査状況について
(2)市民から提供を受けた情報の内容について
(3)市民への啓発活動は、どのようなことを行っているのか
(4)市民に情報提供を求めるために、どのようなことを行っているのか
(5)警察への捜査の協力として、どのようなことを行っているのか
(6)近隣の拉致被害自治体、特に川口市とはどのような連携をしているのか
(7)市ウェブサイト、市広報紙への掲載、公共施設への横断幕・懸垂幕の設置、駅頭などでのチラシの配布、町会が管理する街角の掲示板、お店の店先、小・中学校内掲示板、鉄道駅・バス停など公共交通機関の掲示板へのポスターの掲示、町会回覧網によるチラシのお願いなどを行い、市民に情報提供を求めてはどうか
(8)情報提供を促すために、懸賞金制度を設けてはどうか
(9)川口市との連携を進めてはどうか
7 大石幸一
会議録を表示
1 市立病院の災害時の体制並びに対応について
(1)大規模災害を想定しての独自マニュアルは完成しているのか
(2)大規模災害発生時に市立病院は、蕨市の災害拠点病院と同等の位置付けと考えてよいのか
(3)大規模災害発生に際して、入院患者・外来患者の安全確保のための事前準備はどうなっているのか
2 教育行政について
(1)「事務点検評価」開始から5回目を終了したが、総括的にどのような見解でいるのか
(2)ここ数年にわたり総合評価「B・C」についての改善策はあるのか
(3)「事務点検評価」を受けて各事業はどのような総括をしてきたのか
3 消防バイクについて
(1)消防バイクについてどのような認識を持っているのか
(2)本市の狭い住宅街において、火災または大規模災害時の初期消火活動に有効と聞いているが、消防本部の見解はどうか
(3)県内で既に導入している消防本部での費用対効果はどうなっているか
8 榎本和孝
会議録を表示
1 喫煙について
(1)喫煙による健康への影響についてどのように認識しているか
(2)本市のたばこ税収入はどのようか
(3)「蕨市路上喫煙の防止等に関する条例」の運用状況はどうか
(4)医療機関で行う禁煙外来治療等に助成を行う考えはないか
2 「いじめ」について
(1)「いじめ」の認知件数は何件か
(2)どのような調査を行っているのか
(3)どのようなフォローを行っているのか
3 生活保護について
(1)医療扶助の不正監視はどのように行っているか
(2)埼玉県が行う生活保護受給者チャレンジ支援事業のうち「貧困の連鎖」とならないよう高校への進学・卒業を通じて、安定した就職に結びつけていくことを目的とした、教育支援員事業の市内利用状況を把握しているか
(3)生活保護の課題と今後の見通しについてはどのように認識しているか
9 小林利規
会議録を表示
1 難病疾患療養費補助金について
(1)「埼玉県特定疾患医療給付制度」の認定とはどのようなものか
(2)「埼玉県特定疾患医療給付制度」を受けている市民の数は把握しているか
(3)近隣市でこの制度を実施している市はどこか
(4)今後「難病疾患療養費補助金制度」を導入する考えはあるか
2 小児慢性特定疾患手術見舞金について
(1)「埼玉県小児慢性特定疾患医療給付制度」の認定とはどのようなものか
(2)「埼玉県小児慢性特定疾患医療給付制度」の認定を受けている市民の数は把握しているか
(3)近隣市でこの制度を実施している市はどこか
(4)今後「小児慢性特定疾患手術見舞金」を導入する考えはあるか
3 生活保護費の不正受給について
(1)過去3年間、各年度内で確認された不正受給件数と金額はいくらか
(2)そのうち徴収出来た金額・比率及び徴収方法はどのようか
(3)申請段階での収入申告漏れ等があった場合の罰則等の説明はどのように行っているのか
(4) 受給者の資産調査等の実態把握はどのようにしているのか
(5)徴収担当の職員体制はどのようか
(6)急激な申請の増加による事務処理上の人員的な問題はないか。問題があるとすればその対策はどのようか
4 各課窓口の応対について
(1) 各種相談を受ける場合など、窓口と待合場所の距離が近く、完全な個室でないことから、職員との相談内容や会話が漏れ聞こえて個人情報が漏洩する危惧がある。個別で対応出来るスペースを設置する必要があると考えるがどうか
10 前川やすえ
会議録を表示
1 公民館のバリアフリー化について
(1)公民館のバリアフリー化の現状はどのようか
(2)中央公民館のエレベーター設置について検討する考えはあるのか
2 防災行政無線の現状について
(1)公民館などに設置されている防災行政無線の管理状況について
(2)各小・中学校への設置について
3 運動会開催時期について
(1)9月に行われている運動会開催時期の変更を検討する考えはあるのか
(2)変更に伴うメリットとデメリットについて
  平成24年9月26日
11 山脇紀子
会議録を表示
1 市民の足「ぷらっとわらび」の充実について
(1)9月17日から実施された敬老無料パスの配布状況はどうか
(2)バスを乗降する際に段差のあるバス停が数箇所あるが、乗り降りしやすいように改善する考えはあるか
(3)南町4丁目下蕨通りへのルート改善や西ルートから東ルートへの乗り継ぎの改善、西ルートは時間がかかりすぎる課題など、もう少し利用しやすくしてほしいという声をどのように取り上げて改善していくのか
2 脱原発と自然エネルギーヘの転換について
(1)地球温暖化対策設備等設置費補助制度の前期申し込みが終了したが、申請状況はどうか。また、利用者へのモニター調査や広報でのPRなどを行い、自然エネルギーヘの促進をさらにすすめていく考えはないか
(2)東京電力の電気料金値上げによる公共施設への影響はどうか。また、衛生センターにおける発電を市へ供給するという取り組みの状況はどうか
3 学校土曜塾について
(1)学校土曜塾の開設にむけて進捗状況はどうか
(2)中学生に対しても土曜塾のような学びの場の設置が必要だと思うがどう検討していく考えか
4 ペースメーカーやICDを使用する市民への対応について
(1)携帯電話からの影響を考慮して、市役所市民課窓口での待ち合い場所に「あったかエリア」(高齢者や妊婦、障がいのある方の優先席、携帯電話電源オフ)を設置してほしいと思うがどうか
(2)緊急時の救急隊の対応と搬送先についてはどのような対応が行われているか
12 志村茂
会議録を表示
1 地域活動支援センター事業補助金と相談支援事業の委託料について
(1)地域活動支援センターI型の補助基準額は年額1,200万円だが、実際に補助している額は、市が委託している障害者相談支援事業への委託料を引いた額になっている。相談支援事業の委託料分を減額するのはやめるべきだと思うがどうか
(2)蕨市障害者相談支援事業実施要綱に、事業を委託したときの委託料に関する記述がないので、委託料の基準を明記するべきだと思うがどうか
2 中学校吹奏楽部が県外の大会に参加する際の補助について
(1)楽器運搬費補助の拡充について、6月定例会以後どのような検討がされたか
(2)中学校吹奏楽部の生徒が県外の大会に参加するための貸切バスについて、市がバス代を全額負担するか一部補助してはどうか
3 非正規職員の賃金引き上げについて
(1)非正規雇用の賃金の低さが問題になっており、今年の最低賃金改定では、全国平均と埼玉県ともに時給が12円上がることになった。それらを考慮して、蕨市の非正規職員の賃金を引き上げる考えはないか
(2)雇用が長期にわたる月額制の事務補助員について、経験加算を行う考えはないか
4 ごみの分別収集の徹底について
(1)「ごみと資源の出し方マニュアル」を全戸配布する考えはないか
(2)「ごみの分け方・持ち出し方」を毎年4万部印刷しているが、どのような使い方をしているのか。印刷部数と配布方法を見直す考えはないか
13 比企孝司
会議録を表示
1 町会会館について
(1)町会会館がない14町会は町会運営をどのように対応しているか。また会館設置に適した用地がない場合に市はどのように対応しているか
(2)町会会館の改修はどのように対応しているか。またバリアフリー化についての対応はどうか
(3)町会会館がない町会への補助は差があるのか。私的所有の会館への補助はどうか
(4)町会活動の拠点として会館以外でも活用できる援助を設ける考えはあるか
2 防犯灯について
(1)市内防犯灯の設置総数、タイプ別個数について
(2)維持管理はどうしているか。タイプ別の球切れなどによる改修件数、費用はいくらか。ここ5年間での差異、推移はどうか
(3)防犯灯の苦情にはどのようなものがあるか
(4)設置年度、数が限られた舟形タイプの球切れ等の改修頻度が多いと指摘されているが把握しているか。また舟形タイプ、LEDタイプ導入の経緯、入札はどう実施されるか
(5)舟形防犯灯は虫が内部に入り込みやすい指摘もある。球切れ頻度と合わせメーカー側に改善、補償を求める考えはあるか
3 学校保健事業について
(1)学校健康診断はどのようなことを実施しているか。実施内容等の変更についてはどうか
(2)児童・生徒で健診結果から指導、再検査等必要な人数、割合はどれほどか。またその後の対応はどうしているか
(3)平成24年度の学校保健安全法施行規則の改正内容はどのようか。それに伴い学校指導の変更はあるか。その周知は、特に出席停止などの徹底はどのように対応するか
(4)就学時健康診断の実施内容、また活用はどう図られているか
14 松本徹
会議録を表示
1 厳しい行財政運営状況下において、持続可能な
都市経営に取り組んでいくための行動指針である「わらび地域力発揮プラン」の進捗状況と今後の取り組みについて
2 市民参画と協働をより一層進め、市民が主役の活力あるまちを創ることを目的とした「蕨市市民参画と協働を推進する条例」について
3 コミュニティバス「ぷらっとわらび」の満75歳以上の方の運賃無料化について
4 年金確保支援法の改正内容と今年8月に成立した社会保障と税の一体改革関連法の年金改革の内容について
1 登録件数 14 件    
Copyright(c) 2007- 蕨市議会公式サイト Warabi City Council. All Rights Reserved.