本文へ移動

発言通告一覧

質問内容検索
or (*は現職を表す)
質問日
1登録件数 14 件    
発言順 質問者 質問内容
 平成26年第4回定例会
  平成26年9月24日【一般質問】
1 高橋悦朗
会議録を表示
1 本市の災害状況及び災害対策について
(1)過去における甚大な災害とその被害・避難状況、その後の災害対策はどのようか
(2)本市では、災害に対する避難基準は設定されているのか。その内容はどのようか
(3)記録的豪雨時に「タイムライン」と呼ばれる行動計画の実施はできないか。その際、国土交通省が提供しているXバンドMPレーダ雨量情報(XRAIN)により刻々と変化する降雨情報を活用した警戒情報の提供はできないか
2 官民連携したまちづくりについて
(1)総合地所(株)とのマンション建設に係るまちづくり協力協定締結の経緯と内容はどのようか
(2)埼玉県子育て応援マンション認定のもつ意味と市独自の防災力強化マンション認定はできないか
3 地域包括ケアシステムの構築に向けて
(1)日常生活圏域を対象とした本市のニーズ調査はどうであったか
(2)認知症高齢者の現状と2025年までの推移はどのようか。また認知症高齢者対策をどのように取り組んでいくのか
(3)介護対象となる疾患はどのようなものが考えられるか。それらの対策はどのように行っているのか
(4)高齢者世帯、独居世帯の実態と将来的推移はどのようか
(5)介護の重要予測として、要介護者と要支援者はどのように推移していくのか
(6)在宅介護を支える24時間定期巡回随時対応型訪問介護・看護サービス、複合型サービス、小規模多機能型居宅介護サービスを今後どのように考えていくのか
(7)本市の特別養護老人ホームの要介護度別入所状況、また申し込みの重複解消のため名寄せ作業をした待機者の実数を把握しているのか
(8)介護付き有料老人ホームの利用状況、またサービス付き高齢者向け住宅の整備等適切なサービス提供をしていくのか
(9)地域包括支援センターの今後の方向性、またブランチやサブセンターを設置するなど人員増等による機能強化はできないか
(10)ロコモティブシンドローム対策として、ロコモの周知とロコモーショントレーニングの普及啓発はできないか
(11)高齢者ボランティアポイント制度を推進してはどうか
(12)健康づくりポイント事業としてウォーキングを推奨し、「健幸」のまちづくり推進を図ってはどうか
2 小林 利規
会議録を表示
1 災害時の土のう配布について
(1)要請に対する現状の対応はどのようか
(2)高齢者等、災害弱者は土のうの運搬が困難である。それに対し、今後どのような対策をとっていくのか
(3)保管場所は市内に3カ所あるが、水害多発箇所付近の公園等に土のうステーションを設置できないか
2 学校教育現場の実態について
(1)三学期制・二学期制にはそれぞれメリット・デメリットがあるが現状認識はどのようか。また今後の展望はどのようか
(2)「子どもの貧困と格差」について現状把握はどのようか。またそれによって起きる問題についての対策を今後どのように考えているか
(3)体罰の定義と実情について保護者との見解の相違などの問題はあるのか
(4)問題行動のある生徒については、複数の教師で対応するようだが、その必要性と指導内容はどのようか
3 職員の人事について
(1)職員が現在の所属部署に在籍している平均年数は何年か
(2)平均年数を超えている職員は何割か
(3)平均年数を超えているのは人財育成の観点からどのようなメリット・デメリットがあると考えるか
3 一関 和一
会議録を表示
1 蕨市防災基本条例の制定について
(1)去る9月9日、警視庁は、東日本大震災から3年半の歳月が経過した節目に、8月末現在の被害状況を発表し、死者は12都道府県で15,889人、行方不明者は6県で2,609人、今尚被災3県では、毎月11日前後に海沿いなどで一斉捜査を続けていると報道された。この大震災の教訓から、これまでの一連の防災対策における市の総括的見解について
(2)東日本大震災の教訓から、防災・危機管理対策の基本方針に「自助」「共助」「公助」を定め、それぞれが役割を十分果たすとともに、相互に連帯・協働して被害の最少化を図ることを目的に、行政、市民、自主防災組織、事業者、学校等の責務を明らかにするなど、防災に特化した「防災基本条例」を制定する県や市などの自治体が全国的に増えている。市が「地域防災計画」より効力が強いと言われる「蕨市防災基本条例」を定めることで、市民の防災意識の向上を図ることは極めて重要であり、来春3月定例会上程を目途に検討する考えはないか
2 減災対策としての家具転倒防止器具取付事業と県の家具固定サポーター登録制度の活用について  
(1)阪神淡路大震災では、死者の80%以上が家屋の倒壊や家具等の転倒による圧迫死だったという観点から、平成20年9月定例会において家具転倒防止器具取付事業の実施を提案した。当時市の見解によれば、「設置要望が多ければ対応を考える」という消極的な姿勢であった。最近では減災対策として役割が大きいとし、普及の方策を考えるとのことだが、現時点ではどのように認識しているのか
(2)一昨年実施した県政サポーターアンケートの結果では家具の固定率は45%と聞くが、現在、市全体の固定率の状況、特に高齢者世帯数及び障害者世帯数の推移と単身者世帯数の動向とその家具固定率について
(3)県では、大震災に備え、家具類を固定しておくことは、自助の観点から重要な方策の一つとして考え、建設業界団体と連携し「家具固定サポーター登録制度」を始めたと聞く。この制度をどのように啓発・周知していくのか
3 北町2丁目地区の都市公園整備の見通しについて
(1)今後10年間を見据えて、新たなまちづくりの指針として「コンパクトシティ蕨」将来ビジョンが策定され、その実行計画(前期・後期)が示されている。その中で5本の柱の一つとして、「快適で過ごしやすく環境にやさしいまち」の施策として「公園整備」が明記されている。震災時の避難所等を想定した災害時トイレの設置など、具体的にどのような施策を考えているのか
(2)錦町地区では、区画整理事業の進捗に伴い多くの都市公園が新設され、住環境も一変した。現在、5地区の都市公園及びちびっこ広場の設置状況はどうか。また、一人当たりの公園面積の推移について
(3)北町2丁目地区の住民の悲願である新設公園構想は、平成7年9月定例会を皮切りに再三再四実現方強く求めてきたが、一向に先に進まない状況である。市は、「適地等があれば設置を考えていきたい」とのことだが、もう我慢も限界に達しており、公園適地として旧郵便局跡地や民間駐車場の買収を含め具現化を図る考えはないか
4 北町コミュニティセンター施設等内外の部分改修について
(1)北町コミュニティセンターや市民体育館は、複合施設として昭和55年9月に竣工して以来、築34年が経過し、至る所が経年劣化のため損傷し、その都度補修等がなされてきた。最近、利用者から、1階部分の男女シャワー室・トイレの床面タイル・児童館男女トイレの全面洋式化・コミセン広場の噴水脇の木製ベンチ等の強い改修要望がある。それらを緊急的に改修する考えはないか
(2)市民体育館の附帯施設として、平成3年に民間の私有地を借り上げ、駐車場を整備して以来、23年が経過した。これまで賃借料として総額1億588万5,000円を支払ったと聞くが、この施設の必要性を鑑みて、地権者との買収交渉を行う時期ではないかと考えるがどうか
4 梶原秀明
会議録を表示
1 マンション事業者との官民連携協定について
(1)協定締結の経緯はどのようか
(2)有効期間は当該マンション竣工日後1年を経過する日までであるが、協定内容の継承に向けての取り組みはどのようか
(3)自主防災会の活動について、地元町会との協議をうながす考えはあるか
(4)事業者が考える地域子育ての拠点とはどのようか。埼玉県子育て応援マンション認定制度の仕組みと県内他事例について
(5)3mの歩道空間について、一般市民の自由な歩行が可能との理解でよいか。一般市民も利用できる開放空間はどの範囲か
2 スポーツ施設の利用について
(1)インターネットによるスポーツ施設予約システム準備状況はどうか。市民体育館の予約システムの準備状況はどうか
(2)富士見テニスコートのインターネット予約について、利用団体への説明はどのようか。平成27年度の運用はどのように行う見通しか
(3)富士見野球場の稼働率が低くなっている原因と水はけ改善など整備の課題をどう認識しているか
(4)民間プール借り上げ事業について、民間事業者の一時休業への対応について。利用者の要望について
3 緊急地震速報の試験放送について
(1)全国瞬時警報システム(J−ALERT)の緊急地震速報への理解を深めることが全国で求められているが、蕨市における試験放送の実施状況はどうか
(2)試験放送に連動した市民の訓練についてどう考えているか。学校ではどうか
4 情報公開条例やみんなで創るわらび推進条例に基づく行政情報の公開について
(1)みんなで創るわらび推進条例を平成25年4月に施行して以来、行政情報の公開はどの程度進んでいるか。市長部局・教育委員会・選挙管理委員会で、それぞれ議事録の公開とパブリックコメントの実施はどう変化したか
(2)市の補助や出資を受けている団体の情報公開の促進はどのようか
5 大嶋公一
会議録を表示
1 いじめ防止について
(1)今定例会に上程をされている、「蕨市いじめ問題対策連絡協議会等条例」及び「蕨市いじめ防止基本方針」につき、重大事態発生の判断が、学校及び教育委員会に委ねられているが、いじめ被害者・保護者がその判断に異議を申し立てる仕組みが欠如していると認識をする。重大事態に係る判断につき、いじめ被害者・保護者から教育委員会及び市長に異議を申し立てる制度を設けるべきと考えるが、教育委員会及び市長の見解について
(2)「蕨市いじめ問題調査審議会」の調査結果についても議会に報告すべきと考えるが、教育委員会の見解について
(3)「蕨市いじめ問題調査委員会」を常設とし、市長部局においても、いじめ問題につき能動的に取り組んでいくべきと考えるが、市長の見解について
2 蕨市総合防災演習のあり方について
(1)本年8月24日に開催された平成26年度蕨市総合防災演習につき、演習終了後複数の参加者より「1か所の会場に集まる形の演習は効果が薄いのではないか」という趣旨の声を見聞した。同様の声は、昨年度の演習終了後にも聞き及んだところである。戸田市、静岡県の事例のように、実際に発災する災害を想定して、様々な現場に具体的に展開する訓練・演習に切替えていくべきと考えるが、市長の見解について
3 動物の多数飼養について
(1)埼玉県では、「埼玉県動物の愛護及び管理に関する条例」の改正により、犬・猫(生後90日以内のものを除く)を合計で10頭以上飼養する人は、10月から知事への届出が必要になる。当該条例の施行を契機に、本市でも県と連携し、犬猫をはじめとする動物の適正飼育を推進・指導していくべきと考えるが、市長の見解について
4 デング熱対策について
(1)厚生労働省の発表によれば、9月10日現在で、代々木公園周辺をはじめとする計6か所で、蚊を媒介したと思われる94名のデング熱感染事例が確認されている。埼玉県においても、9月7日までに10の症例が届出されている。蕨市ではデング熱対策についてどのように考えているのか
  平成26年9月25日【一般質問】
6 大石 幸一
会議録を表示
1 AEDの設置状況と夜間利用について
(1)本市におけるAED設置の充足率はどの程度か。今後の設置計画はどうなっているのか
(2)夜間に使用できるAEDは何台あるのか
(3)小・中学校の体育館を夜間利用している団体は、AEDを利用できるのか
(4)市と消防本部が連携して、コンビニエンスストアや夜間営業している店舗等にAEDを設置できるよう働きかけてはどうか
2 災害時における安否確認と参集方法について
(1)災害発災後の市役所、消防、学校、保育園、水道部、病院等の職員の安否確認は、それぞれどのような方法で行われるのか
(2)保育園、小・中学校の子どもたちの安否確認を保護者にはどのように伝えるのか
(3)災害発災時にそれぞれの職員を参集させる方法はどのようになっているのか
(4)職員の参集にあたり、優先順位はどのように決められているのか
3 ミストシャワーの設置について
(1)平成23年6月定例会での質問以降、猛暑対策・ヒートアイランド対策についての効果効用とその費用対効果についての研究はどの程度進んでいるのか
(2)猛暑対策の一環として実施している他市の先進事例の調査研究結果はどうであったか
(3)保育園、小・中学校、公共施設への設置は有効だと思うがどのように考えるか
4 教育行政について
(1)昨年度と本年度に提出された「事務点検評価結果」を比べて教育委員会としての課題はどのようか
(2)教育委員会が各校から集めている「学校評価表」の公表については、どのような検討がなされたのか
(3)「地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律」(新教育長の任命等)が来年4月1日に施行となるが、教育委員会として今後の計画はどのようになっているのか
7 榎本 和孝
会議録を表示
1 商店街の活性化等について
(1)ワンデイシェフレストラン「ぷらっと」について
@営業休止の理由はなにか
A営業休止の原因はなにか
Bこれまで投入された税金はいくらか
(2)商店街の活性化について
@市民から「昔は商店街がにぎやかだったが、今は寂しい」という声を聞くが、市としての見解はどのようか
A将来、商店街はどのようになっていると想像するか
2 平和な世の中に向けて
(1)今年度、本市においては、どのような平和事業が行われ、参加人数はどのようであったか。また、今後の課題はあるか
(2)学校においては、平和についてどのような教育が行われているか
(3)近年における本市または近隣市でのいわゆる排外主義的なデモは、どのくらい行われているのか
(4)集団的自衛権の行使を容認する閣議決定による本市における市民への影響はどのようか。また、蕨市平和都市宣言との整合性はどのようか
3 教育委員会における事務点検評価について
(1)これまでのABCDそれぞれの評価事業数はどのようか
(2)評価がよくないものについて、どのような改善が図られてきたか
(3)「事務点検評価」についての課題認識はどのようか
8 志村茂
会議録を表示
1 来年の市長・市議選挙に関して、選挙管理委員会委員長の−−な委員会運営について
(1)9月2日に開催された蕨市選挙管理委員会で、議案第46号「蕨市長選挙及び蕨市議会議員一般選挙について」の審議中、委員長が急に採決を行い、「市長、市議の各々の任期満了日に合わせた選挙にする」ことを2対1で決定したが、議論を尽くさない−−な運営だった。審議しなおす考えはないか
(2)選挙管理委員会は委員長も含めて4人で採決するものだが、委員長が採決に加わらなかったのはなぜか
(3)蕨市明るい選挙推進協議会の人たちから意見を聞いたとき、どのような意見が出たのか。委員長は、その意見をどのように受け止めたのか
(4)市長選・市議選を別々に行えば、約1,500万円の経費が余計にかかることになるが、そのことをどう思うか
(5)6月定例市議会の一般質問で委員長は、「来年4月から8月までの5か月間に全部で4回の選挙を執行することになります。そういう状況のなかで市政への影響も考え、選挙管理委員会としては市長部局と協議することもあると考えております」と答弁したが、7月の選挙管理委員会ではそのことを報告もせずに、市長部局との協議をしなかったのはなぜか
(6)採決前に委員長が「市長の考えを聞いてみたい」と言ったのは、市長の意見によっては選挙管理委員会で審議をやり直すということか
2 保育行政の充実について
(1)正規の保育士を増やすべきだと思うがどうか
(2)土曜日の保育を午後5時まで行う保育園を増やす考えはないか
(3)みどり保育園とさつき保育園は土曜日の給食がパンと牛乳だけの日が多いが、そのときの児童数はどうだったか。5人未満でも献立通りの給食にすることはできないか
3 土曜日の開庁を増やすことについて
(1)現在は3月の最後の土曜日と4月の最初の土曜日の午前中を開庁しているが、月1回程度、土曜日の午前中を開庁することはできないか
4 非正規職員の賃金引き上げについて
(1)低賃金の非正規職員、特に、時給800円台のパートタイマー及び月額12万2,500円の事務補助員の賃金を引き上げるべきだと思うがどうか
(2)常勤の非正規職員(事務補助員)に、勤続年数に応じた経験加算を行う考えはないか
9 前川 やすえ
会議録を表示
1 各種がん検診の健康診断事業について
(1)健康診断における各種がん検診の種類とその受診方法について
(2)集団検診から個別検診へと移行した場合の運営面でのメリットとデメリットについて
(3)子宮がん検診及び乳がん検診の年代別受診状況はどうか
(4)近隣市でがん検診を集団検診から個別検診へ移行した自治体の受診率の推移状況を把握しているか
2 保育施設及び特定地域型保育事業について
(1)病児・病後児保育について
@市内には病児・病後児の受け入れ可能な保育施設は何か所あるのか
A新規の認可保育園、また特定地域型保育事業では病児・病後児保育についての対応はどうか
(2)給食について
@調理室のある保育施設はどれくらいか
A特定地域型保育事業では調理室の設置をどのよう考えているか
B調理員の資格の有無と業務形態について
C調理設備の基準はどのようか
Dアレルギーヘの対応について
3 中学校トイレ改修工事について
(1)中学校においてトイレ改修工事が行われているが、どのような改修内容となっているのか
(2)進捗状況はどうか
10 鈴木 智
会議録を表示
1 いじめ防止の対策等について
(1)蕨市いじめ防止対策基本方針の検討についてはどのように行われてきたか。その際、重視した点はどのようなことか。この間の蕨市としてのいじめ問題への対応や議論等の経験はどのように生かされてきたと考えるか。また、蕨市の基本方針の特徴として、どのような点があると考えるか 
(2)蕨市のいじめの認知件数はどのように推移しているか。また、いじめの実態把握はどのように行っているか
(3)インターネット上のいじめやトラブルについて、蕨市の防止対策はどのように行われているか。具体的な問題が生じた事例はどのようか
2 留守家庭児童指導室の運営等について
(1)児童のけが等、緊急時の対応は、どのように定められているのか。また、児童がけがをした場合、保護者等への連絡や病院の手配、関係職員の連携等はどのように行われているか
(2)災害時の対応についてはどのように定められているか。また、災害時の避難等について訓練や研修はどのようか 
(3)保育環境について施設増設の必要性についてどう対応するか。また、発達段階ごとの指導が必要と考えるが、対応はどのように考えるか
(4)指導員の研修などについて回数を抜本的に増やし、内容的にも各室での運営上の工夫や課題、トラブルの実例など交流し対応を学べる機会が必要と考えるがどうか。また、現場の指導や監督にあたる保育士等の職員を配置するなどの対応を考えないか 
3 老人福祉センター等高齢者が利用する施設について
(1)高齢者が個人でも利用できる老人福祉センターなどの施設について、市内の状況はどのようか。イベントや教室等の開催状況、通常利用できるサービス等にはどのようなものがあり、利用状況はどうなっているか。孤立しがちな高齢者への居場所・交流の場などとして利用できる施設の案内や教室等への参加を働きかけることについて、現状はどのようか 
(2)それぞれの施設において、玄関、階段等の手すりの設置状況、トイレの洋式化の割合、入口の段差解消などバリアフリーの状況についてはどのようか 
4 環境美化について
(1)路上へのごみやたばこの投げ捨てについて、どのような対策をとっているか 
(2)路上喫煙禁止区域の対応および喫煙の状況はどのようか 
(3)ごみやたばこの投げ捨て防止や近隣の清掃など、市内の事業者に協力してもらう協定や登録制度等はどうか
  平成26年9月26日【一般質問】
11 保谷 武
会議録を表示
1 錦町土地区画整理事業の進捗について
(1)本年度に予定する家屋移転戸数、街路築造距離、舗装新設距離、整備面積について
(2)現時点での進捗について
2 老人福祉センター・老人憩の家の現状について
(1)老人福祉センター松原会館・老人福祉センターけやき荘・老人憩の家みつわ苑について、以下の点におけるそれぞれの違いはなにか
@目的  
A運営方針  
B運営主体  
C利用実態、人数、件数
D運営予算額
E運営原資の負担主体と比率
Fスタッフの身分
(2)けやき荘・みつわ苑が市直営であるのに対して、松原会館は社会福祉法人社会福祉協議会が経営主体となっている理由はなにか
(3)市全体の高齢者福祉政策の中での松原会館の位置付けは
(4)松原会館の建物の現状について
@耐震状況、構造耐震指標(Is値)
A老朽化状況
Bバリアフリー対応状況
C今後の大規模改修、耐震、バリアフリー化、建て替えの工事計画
(5)市内の地域間不均衡是正のために、松原会館のハードウェア面、サービス内容面について、市民全体の応分の負担の下で、けやき荘・みつわ苑と同じ水準に引き上げるべきと考えるがどうか
3 福祉施策について
(1)地域福祉計画の策定状況について。必要性の認識について
(2)社会福祉政策全般における市と社会福祉協議会との役割分担について。社会福祉協議会の位置付けについて
4 総合地所株式会社との「コンパクトシティ蕨」将来ビジョンの推進に関する官民連携協定について
(1)目的はなにか
(2)対象マンションの周辺住民及び全市民にとってのメリットはなにか
(3)相手先マンションデベロッパーは、本協定を営業上のアピールポイントとして活用している。市内で多数のマンションデペロッパー、宅地開発業者が営業活動に鎬を削っている中で、結果として、行政が特定の一事業者に対して便宜を図ったことになってしまっており、公正性の疑義が生じていると考えるがどうか
5 小・中学校におけるいじめ問題対策の組織体制とワークフローについて
(1)蕨市いじめ問題対策連絡協議会等条例(案)が定めるいじめ対策の組織体制、ワークフローでは、以下の2つの理由から、万に一つ、うまくいかないケースも起こり得ると考えるがどうか
@学校レベル・教育委員会レベル・市長レベルの3審制であり、迅速性に欠けている
A生徒・保護者等からの相談・通報があったインシデントを調査委員会で取り上げるかどうかの判断を学校現場に委ねているが、いじめ問題解決の成否・進捗に人事評価上・社会評価上の利害関係を持つ学校現場においては最適な判断ができない可能性がある
(2)いじめ問題対策のためにも、学校現場の教師負担軽減のためにも、生徒・保護者等からのいじめを含む相談・通報の一次受け窓口として、第三者から成るカスタマサポートセンタを設置するべきと考えるがどうか
12 山脇 紀子
会議録を表示
1 子ども子育て支援新制度について
(1)市が行う支給認定(必要性・必要量)の方法はどうか
(2)利用調整、利用要請の方法はどうか
(3)認可保育所の保育料についてはどうなるのか。認可保育所の公定価格の変更は見込まれているのか
(4)地域型保育の利用の仕組みと保育料はどうなるのか。小規模型保育A型、B型、C型での基本単価はどう見込まれているか
2 精神保健福祉の向上について
(1)現在の福祉タクシー券とガソリン助成券の支給状況(障がい者別対象者数、利用者数、利用件数)はどうか
(2)身体・知的障がい者と同様に精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている人にも福祉タクシー券などを発行すべきと考えるがどうか
3 図書館のサービス向上について
(1)図書館の開館日数と来館者数、貸し出し件数のここ5年間の推移はどうか
(2)開館時間の延長や休館日を少なくしてほしいとの市民の声は多いが、検討できないか
4 公園等の整備について
(1)犬猫侵入防止柵の設置状況はどうか。タイプ別での設置状況はどうか。マナー違反への対応はどうか
(2)ブランコ下の水溜り防止や安全のために、ブランコ下にマットを設置してほしいとの要望があるが、市内公園の設置状況はどうか。老朽化により逆に水がたまってしまうマットの対応はどうか
(3)公園や遊歩道の水路で、乳幼児が水遊びをするため適切な時期の清掃が求められているが、水路の清掃についてはどのように行われているか
(4)桜並木遊歩道や公園における水道の不正使用について対策は考えられないか
13 川島善徳
会議録を表示
1 市の職員・組織体制について
(1)職員力の発揮について  
@職員を育てる人事制度について、どのような取り組みがなされているのか。能力・業績主義に基づく任用制度があるのか 
A人事評価をする基準について、本市においてはどのような評価を行っているのか。またどのような基準が設けられているのか
B人事異動について、人事異動の内示日また自己申告制度の考え方について 
(2)組織力の発揮について  
@組織力の目標管理とマネジメントの強化について、どのように考えているのか
A各課の人事の適正な配置について
(3)市民サービスの向上について
@窓口業務をはじめ、電話での相談や問い合わせでの評価について
2 市長・市議選挙について
(1)市長・市議の同時選挙のメリット・デメリットについて
(2)選挙管理委員会は、これまで市長・市議選挙について協議・審議してきたと聞いているが話し合いの内容について
(3)これまで3回同時選挙を実施してきたが、任期満了の議員との交替まで市議選の当選者が約1か月待機状態であるが、どのように考えているのか
(4)投票率の向上に向けての方策について
14 松本徹
会議録を表示
1 公共施設の再整備・再配置について
(1)現状と今後の計画について
2 改正生活保護法並びに来年度施行の生活困窮者自立支援法の内容について
3 高齢者福祉の一環としての事業である訪問理美容・福祉理美容サービス事業の現状について
4 市内の見沼代用水路の環境整備について
(1)現状と今後の整備計画について
1登録件数 14 件    
Copyright(c) 2007- 蕨市議会公式サイト Warabi City Council. All Rights Reserved.