本文へ移動

発言通告一覧

質問内容検索
or (*は現職を表す)
質問日
1登録件数 12 件    
発言順 質問者 質問内容
 平成26年第5回定例会
  平成26年12月10日【一般質問】
1 一関 和一
会議録を表示
1 来期の市長・市議同時選挙実施について
(1)去る10月26日、草加市の市長・市議は初の同時選挙で施行した。単独執行と比べて費用が大幅に削減され、市長選では投票率44.06%で、過去最低であった前回の33.17%を10.89%も上回り、市議選の投票率も44.07%(前回42.14%)で微増を示す結果となったと聞くが、市選挙管理委員会はどう見ているのか
(2)本年6月定例会で、政治的思惑ではなく市民目線で来期も市長・市議同時選挙の実施を提言したが、当時市選管委員長は過去3回の実績を踏まえ、慎重に審議をしていくとの見解を示した。その後9月2日に市選管は分離選挙を多数決で決定したようだが、市当局を含めたこれまでの協議内容の経緯について
(3)地方自治法第2条第14項には、地方自治体の責務として、その事務処理にあたっては最少経費で最大の効果を挙げることが明記されているが、市長・市議の分離選挙を仮に執行すれば、約1,500万円の増加が見込まれる。この法の趣旨を踏まえ、市財政が逼迫する中、市当局はどのように捉えているのか
(4)市は11月25日締め切りで、「市長・市議選を同時若しくは分離で行うか」を問う1,000人市民アンケートを実施したようであるが、その結果と今後の対応について
(5)過去3回、私の提言で同時選挙が執行されてきた。予算が少なく、延べ人員も分離実施の半数で済み、投票率アップも期待できる3大メリットを検証すれば、余りにも分離選挙を実施する大義が乏しい。改めてその意義を再確認し、市当局と市選管は再度真摯な協議を行う考えはないか
2 市公共施設等照明のLED化の現状と普及について
(1)今年のノーベル物理学賞は、青色発光ダイオード(LED)を発明した3人の日本人が受賞することになり、私たちの暮らしが大きく変わったと言われている。今や実用化されたLED照明は、部屋の明かりや信号機、携帯電話、街頭の大型ディスプレイなどに使用されているが、市公共施設等の使用状況について
(2)市内の街路防犯灯は既存・新規を含めてLED化が推進されているが、その普及状況と節電効果について
(3)2年前、節電対策として市公共施設の照明のLED化を迫ったが「市場価格を注視し、費用対効果を踏まえて検討する」との見解を示した。その後の対応について
(4)公共施設の耐震化と併せて大規模改修の必要性が認められた場合、その都度順次LED化を進める考えはないか
3 埼玉新聞社発刊の「埼玉防災マニュアル2014」の斡旋・普及について
(1)最近、埼玉新聞社が発刊した「埼玉防災マニュアル2014」は、埼玉県の最新データを基に、自然災害、竜巻、台風、大雪等の備えをまとめた小冊子である。これは定価210円(税込み)32ページフルカラー版で、内容が簡潔で誰もが容易に理解でき、町会などの地域防災訓練の資料として役立つものと考えるが、市は斡旋・普及を検討してはどうか
2 大嶋公一
会議録を表示
1 アルコール依存症対策について
(1)本年6月1日に施行された、「アルコール健康障害対策基本法」に規程されている10の基本的施策(教育の振興等、不適切な飲酒の誘引の防止、健康診断及び保健指導、アルコール健康障害に係る医療の充実等、飲酒運転・暴力行為・虐待・自殺未遂等をした者に対する指導等、相談支援等、社会復帰の支援、民間団体の活動に対する支援、人材の確保等、調査研究の推進等)につき、本市としてどのように取り組んでいるか
(2)上記10の基本的施策のうち、「民間団体の活動に対する支援」に関し、本市内で活動をしている断酒会等の団体との連携につき、どのように実施されているか
(3)直近の急性アルコール中毒等過剰なアルコール摂取に伴う救急搬送の件数、症例等について
2 「防災リーダー」の育成について
(1)先の9月定例会における私からの「蕨市総合防災演習のあり方について」の一般質問に対し、理事者側からは、「現在地域における防災リーダーを育成している途上にある」という趣旨の答弁がなされたが、本市において現在取り組まれている「防災リーダー」育成に関する施策の委細について
(2)戸田市においては、市民を対象に、防災士資格取得に向けた「防災士の資格取得支援」を実施している。地域における防災活動や災害時の避難支援活動等を中心になって行う「防災リーダー」育成の一環として、同様の事業を実施する考えはないか
3 学校校庭への照明設置について
(1)スポーツ等の地域活動でも頻繁に利用されている小学校の校庭に、照明を設置する考えはないか。災害時の避難所等としても使用される小学校校庭には、照明設置が有効と考えるが、教育委員会の見解について
3 小林 利規
会議録を表示
1 蕨市地域防災計画改定案について
(1)震度6強の地震、その後の余震を想定して市庁舎内がどのように被災すると考えているか
(2)軸耐力補強工事は柱への包帯巻き工事であり、耐震化とは別物と認識しているが、軸耐力補強と耐震工事の最も大きな違いはなにか
(3)最大震度6強の地震を想定して耐震化されていない庁舎は、震災後に災害対策本部になり得ないと考えるが変更しない理由はなにか
(4)現状では、庁舎よりも北小学校が災害対策本部としてふさわしいのではないかと提案したが、庁舎が北小学校より優れている点はなにか
2 全国学力・学習状況調査結果並びに新体力テスト結果について
(1)全国平均・県平均と比較してどのような評価をしているか
(2)特に平均数値との差がある教科・項目はなにか
(3)結果を踏まえて今後さらに学力・体力向上に対し努力すべき具体的な方策はあるか
4 高橋悦朗
会議録を表示
1  本市の納税向上対策について
(1)「平成26年度個人住民税市町村表彰」の基となる平成25年度県内市町村個人市民税納税率一覧によると、本市は納税率87.8%、順位63市町村中60位となっているが、この認識についてはどのようか
(2)現年度分と滞納繰越分の合計とそれぞれの納税額、率の推移と傾向についてはどのようか
(3)納税率の向上対策をどのように取り組んでいるのか
(4)土地の固定資産税課税標準額特例適用の内容と本市の状況、また課税における過徴収はないのか
(5)市税の各種納付期限の周知と納期回数の見直しはどのようか
(6)先例市による徴収対策強化のための民間を活用した納付案内コールセンターを設置できないか
2 定住環境の機能維持について
(1)「蕨市老朽空き家等の安全管理に関する条例」施行後の効果と今後の取り組みについてはどのようか。また現在の空き家相談の窓口対応はどのようか
(2)補助対象空き家として認められ、解体補助金を利用して解体した老朽空き家はあったのか。今後の見込みはどのようか
(3)空き家対策特別措置法(空き家法)による特定空き家の本市の件数と固定資産税の土地の特例除外をどう考えているのか
(4)空き家の利活用に向けての空き家バンク制度や住み替え促進制度、中古住宅の流通促進対策はどのようか。また民間活用による総合窓口の検討はできないか
3 障がい者雇用の推進と行政の対応について
(1)身体、知的、精神障がい者における雇用状況はどのようか。また雇用促進の相談窓口はどのようか
(2)本市職員及び近隣市職員における障がい者雇用率の実態はどのようか
(3)庁内に障がい者就労ワークステーションを設置し、障がいの種別、程度に応じた雇用推進はできないか
(4)市内の福祉施設や国及び県の所管する機関等との総合的な連携や、障がい者に適切なサービスを提供できる体制を市はどう考えているのか
5 梶原秀明
会議録を表示
1 議会改革に係る要望への対応について
(1)先日、議会側からインターネット中継の実施について、市に要望を提出したが、予算の計上は可能か。課題はなにか
2 要介護者の障害者控除対象者認定書の発行促進について
(1)県内の認定書発行状況を調査したところ、蕨市は、2013年度38人とのことである。県内の人口10数万人規模の自治体では数百人に発行しているところもあるようである。県内他市の動向をどう認識しているか
(2)これまで市は、広報などで制度の周知をしているが、市民にはまだまだ知られていないと考える。従来から要望しているように、対象者が税の軽減を受けられるように、要介護者に制度の説明書や申請書を送付するなどして、周知を徹底し、申請を促すことはできないか
3 生活困窮者自立支援法への対応について
(1)自立相談支援事業は、相談者の相談にのり、抱えている課題を評価・分析し、ニーズを把握し自立支援計画を立てることなどを目的としたものであるが、蕨市が直営で行うよう要望する。市の見解はどうか
(2)自立相談支援事業以外の必須事業の準備状況はどうか
(3)任意事業である学習支援事業に関して、今年度まで行われた類似事業の成果はどうか。国は補助金の削減を意図しているようだが、今年度までの事業を来年度も継続してほしいと考えるが、市の見解はどうか
(4)学習支援事業以外の任意事業の実施見通しはどうか
4 市立病院の患者サービスの向上について
(1)市民から、市立病院等での検査において、身体に負担の少ない胃カメラを使ってほしいなどの要望がある。検査での負担を減らす新しい機器の採用を、効果の高い部分で一層進めてほしいと考えるがどうか
  平成26年12月11日【一般質問】
6 大石 幸一
会議録を表示
1 災害対応について
(1)本市が大規模災害に遭った場合に備えて、レジリエンスの観点、また政策的観点から「コンパクトシティ蕨」将来ビジョンの中に復興の項目を設けるべきと思うがどのように考えるか
(2)大規模災害が起こることを前提とした政策の一つとして、今のうちにレジリエンスの観点から「蕨市事前復興計画」を策定しておくべきと思うがどのように考えるか
(3)危機管理監は、いつどのような経緯で任命をされたのか。また、組織的・人事的な観点から与えられた権限や役割はどのようなものがあるのか
(4)危機管理の部局は多くの自治体で市長の下にあり、その権限は各部局を越えて指示を下せるものと思われるが、本市でも独立した部局にする考えはないか
2 安全ヘルメットの併用について
(1)蕨市自転車安全利用条例の施行に伴い、各小学校では児童への安全ヘルメットの着用をどのように定着させていくのか
(2)自転車の安全ヘルメットと防災ヘルメットを併用して使える取り組みをしたらどうか
(3)中学生は、自転車安全ヘルメットの着用の義務づけもなく、学校内における防災頭巾の購入もないが、災害時(交通事故も合む)の安全確保の取り組みについてどのように考えるか
7 榎本 和孝
会議録を表示
1 学校等における不審者情報について
(1)地域の町会等の防犯組織との情報共有について
(2)近年の不審者情報の件数はどれくらいか。それぞれその後はどうなったか
2 高齢者等の迷い人について
(1)近年の件数はどれくらいか。それぞれその後はどうなったか
(2)防災行政無線で放送されるのはどのような場合か
3 保険について
(1)市としてどのようなものに加入しているのか。また、保険料はどの程度か
(2)近年で保険金の支払いを受けたものはどのようなものがあるのか
4 振り込め詐欺について
(1)近年の本市における被害・未遂の件数及び被害額はどのようか
(2)市はどのように被害などがあったことを知るのか
(3)どのような防止策を行っているか
5 議会のネット中継について
(1)来年度の予算に費用を計上する考えはあるのか
8 松本徹
会議録を表示
1 平成27年度の予算編成について
(1)基本方針と基本目標について
(2)各部における重点施策について
(3)財政の現状について
(4)今後の財政見通しについて
2 人口増加と地域活性化を図るため、市内に定住を決めた新婚夫婦に祝金を支給する「結婚祝金制度」を創設する考えはないか
3 高齢者の住宅の悩み解消と空き家対策にも期待ができる千葉県流山市が実施している「高齢者住み替え支援制度」を導入する考えはないか
4 来年の市長選・市議選の執行方法について緊急の市民アンケート調査を実施し、結果報告をされているが、どのような考え方で実施に至ったのか
9 鈴木 智
会議録を表示
1 留守家庭児童指導室について
(1)来年度から対象が6年生まで拡大されるが、制度の変更について、保護者等にはどのように知らせているか。また、近年の入室児童数等の傾向はどのようで、来年度以降、どのように推移するものと考えるか
(2)学校敷地内への留守家庭児童指導室の移転、増設を要望してきたが、この間の検討はどのように行われてきたか
(3)学校敷地内への移転、増設を行う場合、今後、必要となる対応や課題となる点などはどのようなことがあると考えるか
2 住宅改修資金助成制度について
(1)昨年度及び今年度の利用状況はどのようか
(2)制度の拡充について検討する考えはないか
3 歴史民俗資料館について
(1)歴史民俗資料館においての文化財の保存と活用、特別展等事業、平和事業、分館の活用などの事業について、主な内容はどのようか
(2)現在の常設展示の内容はどのようか。その展示内容についての検討はどのように行われているか。蕨空襲を含む近・現代についての展示など、常設展の内容を充実させていく考えはないか
4 高齢者世帯への見守りなどの支援について
(1)福祉連絡システムのこの間の利用状況はどのようか。また、固定電話のない世帯についても利用できるよう新たな制度を検討するなど、急病など緊急時の支援を拡充していく考えはないか
10 前川 やすえ
会議録を表示
1 災害協定締結等について
(1)締結状況について
(2)昨年度、災害協定を締結した数はいくつか。また相手先とどのような内容で結んだのか
(3)駅付近では災害時に一時的に避難する広場が少ないと思うが、どう考えているか
2 公民館耐震工事について
(1)公民館耐震工事進捗状況について
(2)北町公民館の耐震診断の結果はどのようか。また耐震工事以外に行う工事はあるのか
11 志村茂
会議録を表示
1 第6期介護保険事業計画について
(1)医療介護総合推進法(以下「総合法」という)によって要支援1及び2の人への訪問介護と通所介護が介護保険予防給付からはずされ、地域支援事業に移ることになったが
@実施はいつからか
A事業費の負担割合はどうなるか
B利用料はどうなるか
C事業者が受け取る報酬はどうなるか
Dサービスの内容はどうなるか
(2)第6期の介護保険料について
@介護給付費準備基金の活用などで基準額を低く抑えるべきだと思うがどのように考えているか
A総合法で、公費を投入して低所得者の第1号保険料を軽減することになったが、財源及び下げ幅はどうなるか
B保険料段階についてはどのように考えているか
(3)総合法に基づく厚生労働省令で、特別養護老人ホームに入所できる基準が要介護3以上になったが
@現在の市民の待機者はどのくらいで、待機者からはずされる人はどのくらいいるのか
A総合法での「その他居宅において日常生活を営むことが困難な要介護者」はどのような人が想定され、入居の必要性を誰が判断するのか
B市内に3か所目の特別養護老人ホームが来年4月にオープンする予定だが、市民はどのくらい入居できると考えているか
C今後の待機者の見込みと対策をどのように考えているか
2 震災対策として家庭等にトイレ処理セットを用意することについて
(1)震災時に下水道管の破損が気になるが
@蕨市及び近隣市の下水道管の耐震化率はどうか
A震度6強の地震が起きた場合、復旧までの日数をどうみているか
(2)水洗トイレは下水道管の破損によって使えなくなるため、震災時には簡易トイレやトイレ処理セット等が必要になるが、蕨市の備蓄計画及び現在の備蓄量はどのようか
(3)各家庭や事業所においてもトイレ処理セットを備蓄する必要があると思うが、蕨市地域防災計画改訂版の中にどのように位置付ける考えか
3 来年の市長選・市議選を同日に行うことについ て
(1)来年の市長選・市議選の実施方法に関するアンケー卜結果は、90%の人が「同時に行う」ことを選んだが、アンケー卜結果を踏まえて選挙管理委員会委員長はどのように考えているか
  平成26年12月12日【一般質問】
12 山脇 紀子
会議録を表示
1 保育行政について
(1)2015年度に向けた保育園入園申し込みの受付状況はどうか。支給認定の受付状況はどうか。保育を継続する家庭の支給認定の方法はどうか
(2)12月現在の保育園待機児童数は、年齢別・地域別でどのようになっているか
(3)「子ども・子育て支援事業計画」の策定状況はどうか。子ども・子育て支援法に係る教育・保育事業の量の見込みと提供体制や確保方策についてはどのような検討が進められているか
2 学校トイレの洋式化の推進について
(1)小・中学校校舎のトイレ改修が、この間進められているが、改修箇所はどのような選定がなされたのか。学校トイレの洋式化の進捗状況はどうか
(2)引き続き、学校トイレの改修は重要な課題だが、今後も計画的に洋式化を進めていく考えはどうか
3 減災対策について
(1)大震災に備える命を守る3つの取り組み「家具の固定」「災害用伝言サービス」「3日分の水・食料備蓄」への啓発や広報及び実施状況はどうか
(2)埼玉県が実施する家具固定サポーター登録制度への市民の利用状況はどうか
(3)高齢者や障害者世帯を対象として、家具転倒防止器具の設置補助制度を創設する考えはないか
1登録件数 12 件    
Copyright(c) 2007- 蕨市議会公式サイト Warabi City Council. All Rights Reserved.