本文へ移動

発言通告一覧

(*は現職を表す)
 詳細検索
12345 次へ  最後へ登録件数 682 件    
発言順 質問者 質問内容
 平成31年第1回定例会
  平成31年2月27日【代表質問】
1 三輪 かずよし
会議録を表示
録画配信を表示
1 「コンパクトシティ蕨」将来ビジョンについて
(1)重点プロジェクトの各々の達成状況と未達成の項目ついての今後の対応について
@重点プロジェクト1
〜安全安心プロジェクト〜
ア.家庭等における災害への備え実施率
イ.自主防災組織による防災訓練の実施率
ウ.市有建築物の耐震化率
A重点プロジェクト2
〜子ども未来プロジェクト〜
ア.保育園待機児童数
イ.小学校図書室における一人当たりの貸出冊数
ウ.アウトメディア講座参加者数
B重点プロジェクト3
〜健康密度日本一プロジェクト〜
ア.健康に気配りしている市民(成人)の割合
イ.健康アップサポーター数
ウ.各種がん検診の平均受診率
C重点プロジェクト4
〜にぎわい創出プロジェクト〜
ア.苗木市・機まつり・宿場まつり・あさがお&ほおずき市来客数
イ.中心市街地における空き店舗数
ウ.中心市街地における休日の歩行者・自転車の通行量
D重点プロジェクト5
〜暮らし快適プロジェクト〜
ア.錦町土地区画整理事業区域内の整備面積
イ.リサイクル率
E重点プロジェクト6
〜市民が主役プロジェクト〜
ア.まちへの愛着
イ.蕨市協働事業提案制度への応募件数
(2)分野別計画のうち、次の達成状況と未達成の項目についての今後の対応について
@施策3 災害に強いまちづくりの推進
ア.市内住宅の耐震化率
イ.簡易耐震診断から一般耐震診断への移行率
A施策8 消費生活の安全確保
ア.蕨市消費生活センターにおける相談件数
イ.蕨市消費生活センターの相談件数のうち、経済的・物的被害を受けた件数
B施策9 地域における防火意識の向上
ア.住宅用火災警報器設置率
イ.市内の火災発生件数
C施策10 消防体制の充実
ア.消防署・消防団と関係機関との合同演習の回数
イ.消防団員の定員充足率
D施策12 子育てしやすい環境づくり
ア.児童センター・児童館の利用者数
イ.わらびファミリー・サポート・センター会員登録者数
E施策15 教育内容の充実
ア.埼玉県学習状況調査において各教科内容別結果(正答率)が県平均を上回ったもの(小・中学校)
イ.給食の喫食率
F施策16 教育環境の充実
ア.小・中学校1校当たりの避難訓練実施回数
G施策21 国民健康保険制度の安定的運営
ア.国民健康保険税の収納率(現年課税分)
イ.特定健康診査の受診率
ウ.国民健康保険加入者の人間ドック脳ドック・PET検診受診者数
H施策24 低所得者支援の充実
ア.自立による生活保護廃止件数
I施策25 生きがいづくり・社会参加の促進
ア.老人福祉センター利用者数(けやき荘・松原会館)
イ.蕨市シルバー人材センター登録者数
2 市長の掲げる3大プロジェクトについて
(1)超高齢社会に対応したまちづくり
@いきいき百歳体操の今後の対応について
A認知症対策について
(2)蕨駅西口再開発の推進
@地権者の同意について
A1階と2階に店舗の導入が計画されているが、どのような店舗の出店を考えているのか。また、地権者等の出店はどのようになるのか
(3)市庁舎の建て替え
@庁舎内の通路の幅や手続きや相談等の窓口となるローカウンターの数は、利用者にどのような配慮がなされるのか
A駐車場の一台当たりの駐車スペースはどのように予定しているのか
B駐輪場の計画台数が少なく思うが、現在の利用状況から、どのように見込んだのか
C市民との相談室をどこの部門にどの程度確保する予定なのか
D福利厚生のスペースはどの程度確保するのか。また、利用目的はどのように考えているのか
E連絡員の控室は確保しているのか
F県道に面した土地を購入しているが、どのように利用するのか
3 平成31年度当初予算について
(1)本年10月から消費税が10%に上がるが、その影響についてどのように考えているのか
(2)31年度予算の特徴及び重点事業・新規事業について
(3)市税の積算根拠
(4)市税の収納率をどのように考えているのか。また、収納対策はどうか
(5)各種繰入金の額が31年度は大きいが、各基金の残高はどのようになるのか。また、今後の積み増しについてはどのように予定しているのか
(6)市職員の構成及び人件費の総額について
(7)退職者の内容について
(8)ョ市長就任前の平成18年度と31年度の職員数の比較はどのようか
(9)蕨駅ホームドア設置工事のスケジュールと運用開始日について
(10)中心市街地活性化基本計画の進捗状況と残っている具体的な事業について
(11)市制施行60周年の記念事業の意味・意義・効果・将来に向けて何が残るのか
(12)中央公民館と西公民館へのエレベーター設置の工事期間及び利用開始時期、並びに工事に伴い利用制限される部屋と期間について
(13)特別養護老人ホーム、レーベンホームわらびが開設されたが、市民にとってのメリットは何か。また、入所要件はどのようになっているのか
(14)敬老祝金は年々増額になり、議会からも見直しの声が上がっているが、市長は見直しの検討をする意思はないのか
(15)生活保護費について
@ケースワーカーの人数及び一人のケースワーカーが担当する対象者は多い人で何人担当しているのか。また、担当する対象者は平均すると何人で、補助員はいるのか
A就労支援員はどのような方が担当されているのか
B生活保護受給者の年齢別人数と世帯別の数及び日本人以外の方の人数と受給者になった事情はどのようか
C医療扶助費が高額になっているが、どのくらいの方が医療機関にかかっているのか
D自立支援を行っていると思うが例年どのくらいの方が自立されているのか。また、どのような事例があるのか
(16)コミュニティバスの増便が予算化されているが、市民要望がそれほどあるとは思えない。市民にとって切迫した課題が数多くあるなか、バス1台を増便する根拠は何か
(17)市民会館空調工事は、なぜ耐震化工事と同時並行に実施できなかったのか
(18)国民健康保険特別会計への繰出金が12億5,130万9,000円と異常な状態と言わざるを得ない。市長の見解を伺いたい
(19)待機児童の解消のため、幼稚園をもっと活用できないか
(20)商店街の街路灯のLED化について、商店街とどの程度の話し合いがされ、商店街の街路灯のLED化はどの程度進んだことになるのか。また、西口商店街で廃業する店が多く見られるが、市としてどのような努力をされているのか
(21)道路補修事業及び橋梁改修事業における具体的な工事内容はどのようか。また、31年度予算に計上できなかった残り7橋については、今後どのようにされるのか
(22)AEDの使用方法の研修を含めた「普通救命講習」を受講された市民の方は何名で、目標とする受講者数はどのようか。また、市民の皆さんに街なかAEDステーションを活用していただくために、どのような働きかけを考えているのか
2 鈴木 智
会議録を表示
録画配信を表示
1 市政全体に関わる方針・見解について
(1)市長就任以来、日本一の「あったか市政」を目指す市政運営において、本市の市政はどのように変化したと考えるか。また、「あったか市政第2ステージ」として表明した方向について、具体的な施策や課題、目指すべき目標などはどのように考えるか
(2)「コンパクトシティ蕨」将来ビジョンの推進について
@これまでの実施状況・目標の到達状況についてはどのようか
A後期実現計画(案)において、前期実現計画から変更された部分、新たに設定されたテーマなどについて
ア.重点プロジェクトの構成と各プロジェクトにおけるテーマで変わっているものがあるが、それぞれ、前期の取り組みでの到達状況を含め、どのような検討によるものか
イ.分野別計画において、新たにテーマや課題として取り上げられたもの、変化した事項などは、それぞれ、前期の取り組みでの到達状況を含め、どのような検討によるものか
ウ.3大プロジェクトが新たに位置づけられたが、将来ビジョンおいて、それぞれどのような役割・効果があると考えるか
(3)10月に予定されている消費税10%への増税について、市政・市財政への影響をどのように想定し、どのように対応する考えか。また、新年度予算ではどのようか。さらに市民生活への影響についてはどのように考えるか
(4)コミュニティや人権をめぐる新たな課題について
@外国人住民などにかかわる課題
ア.外国人住民の直近での現状、国別の内訳はどのようか
イ.これまでの取り組みに加え、相談も含めた担当窓口の充実、町会や地域コミュニティへの支援、市民参加による対応や方向性の検討などの対応が必要と考えるが、見解及び今後の計画などはどうか。その際、外国人市民の協力が必要と考えるがどうか
A性的マイノリティの人権に関わる市の対応について、これまでの対応はどのようか。今後の取り組みについての基本的な考えや計画はないか。特に、市としてのパートナーシップ制度の実施に向け検討を開始する考えはないか
(5)公共施設等総合管理計画に基づく施設の維持管理計画について。施設の維持管理、空調や照明を含む施設・設備の老朽化対策について、具体的な改修・修繕計画についてはどのように考えるか
(6)職員の定員と配置について、今年度と新年度との比較で増減する部署についてはどのようか。現状での課題についての認識(職員配置が必要とされている部署、保育園の保育士、生活支援課のケースワーカーなど)はどうか
(7)市職員及び教職員などの働く環境の改善に関わりどのように対応していく考えか
@残業、休日出勤への対応はどのようにされているか。2017年度に残業が多かった部署及び職員に対する対応はどのようだったか
Aパワハラ・セクハラへの対応はどのように行われているか
B教職員の「負担軽減」について。昨年の取り組みはどのようで効果についてはどのように評価しているか。また、今後の対応についての考えはどうか
(8)防災対応について。防災対策のうち、市民の自助・共助を後押しする施策について、今後の取り組み・方針はどのようか。また、課題についてはどのようか
2 予算編成に関連して
(1)2019年度予算編成で優先した重点施策についての基本的な考え方について。コンパクトシティ将来ビジョン及び市長マニフェストとの関係ではどのようか。3つの重点施策及び3大プロジェクトに関する事業については、それぞれどのように計上されているか。3大プロジェクトそれぞれの新年度事業の内容についてはどのようか
(2)地方財政対策の特徴はどのようか
(3)2018年度末の借入残高見込みについて一般会計、普通会計、企業会計及び土地開発公社を加えた市の借入金全体ではそれぞれどのようか。また、2019年度末の見込みではどのようか。2017年度末、市長就任時とのそれぞれの比較はどうか
(4)2018年度末の各基金の残高見込みについてはどのようか。それは、前年度末及び市長就任時との比較はそれぞれどうか。また、2019年度の基金繰入、積立の計画・目標はどのようか。財政調整基金をはじめとする各基金の現状についての評価と適正規模についての見解はどのようか。今後の活用についての方針・考え方についてはどうか
(5)市制施行60周年にかかわる事業について、新年度予算ではどのように計上されているか。一連の60周年記念事業を行うことでどのような効果、成果を目指す考えか
(6)日本共産党蕨市議会議員団が行った予算要望に関して、新年度予算に反映した項目など
3 新年度予算の内容に関わる質問
・歳入
(1)市民税に関わって
@市民税個人分及び法人分の見込みについてはどのように行ったか
A市民税個人分の直近での納税義務者数、及び平均所得について、近年3年間の比較、また平均所得では2000年度及び10年前の比較はどうか
B法人分について、市内事業者の状況について、規模別事業者数の見込みなどを通して、どのような状況にあると認識しているか
(2)市税の収納対策に関わる方針や取り組みについて
@基本的な考えと内容はどのようか。新年度からの新たな取り組みの効果についての認識はどうか
A生活や営業が厳しい市民に対する対応、生活再建等を念頭に置いた福祉部門など他部署との連携についてはどのように行っているか。また今後の検討についてはどうか
(3)国・県支出金、2018年度当初予算との比較で変化した科目について。また、その理由や使途についてどのようか
(4)ふるさと応援基金について、前年度比減とした理由はどのようか。また、ふるさと納税をめぐる国の対応と本市への影響はどのようか
・歳出
・総務費
(1)蕨駅ホームドア整備について。この間の進捗状況と今年度の事業内容、供用開始の時期について
(2)協働事業提案制度見直しの理由・背景など、この間の実績、提案があり実施された主な事業と成果など
(3)町会、地域コミュニティの活動を推進するための施策について、どのように予算化されたか
@町会加入率の推移はどのようか
A市や各町会における取り組み、特に、外国人住民を含む町会への加入者・役員等の後継者対策についてはどうか
(4)防犯灯について
@リース方式にして以来、2年間の運用をしてみて課題などはなかったか。また、市民からの反応などはどのようか。また、この間に増設したものはどの程度あるか
A今後の増設について基本的な考え方はどのようか。市民や町会などから増設の要望があった場合の対応はどのように行っているか
(5)コミュニティバスのルート等拡充について、具体的な検討内容についてはどのようか。西ルート以外のルート等の改善、全体としての効果などはどのように考えるか。特に、東、南ルート利用者が、市役所や市立病院などを利用する際の利便性向上への要望があるが、どのように検討されたか
・民生費
(1)重度知的障害者入所施設運営費補助金について
@内容及び期待する効果はどのようか。新年度予算の算定はどのように行われたか
A今年、川口に開所する施設への市民の入所希望及び入所の実績はどうか。蕨市におけるその後の待機者の人数はどうか。今後の入所施設整備にかかわる方針や見解についてはどのようか
(2)特別養護老人ホームについて。4カ所目開設に伴う市民の入所状況はどうか。また、待機者の状況はどうなったか。今後の施設整備や待機者対応にかかわる見解・計画等はどのようか
(3)国保への繰出金増額の理由や内訳はどのようか
(4)保育園について
@待機者の現状について。新年度入園者に関する募集、応募、選考結果の状況・不承諾数についてはどのようか。また、想定される待機者数はどの程度になると考えるか
A市長就任以来の認可保育園等の整備状況及び待機者の推移はどのようになっているか(市長就任時と直近5年の推移)。今後の整備等の方針についてはどのようか
B今年度、保育・子育てコンシェルジュが配置され相談体制が拡充されたがその効果。相談実績などはどのようか。新年度の体制について
(5)留守家庭児童指導室について
@募集、応募、選考結果の状況はどのようか。不承諾者数及び待機児童の見込みはどのようか
A民設民営留守家庭児童指導室の状況及び運営の特徴などはどのようか。また、開設による待機状況への影響・効果についてどのように考えるか。市営の留守家庭児童指導室との関係、交流等に関する方針や現在の考え方についてはどのようか
(6)生活保護の受給者数の推移と世帯類型での内訳はどのようか。扶助費についての積算はどのように行われたか
(7)こども医療費支給制度について、無料化の対象者数と実績の推移はどのようか。高校卒業までを対象にしたさらなる拡大に向けた検討について
・衛生費
(1)子育て世代包括支援センターの事業内容についてはどのようか。また、児童福祉課など他の部署との連携や活用する上での市民への広報などはどのように考えているか
(2)健康長寿蕨市モデル事業の新年度内容及びこの間の「モデル事業」利用者の推移と効果
(3)ごみ収集等について
@高齢化への対応についての見解はどのようか。特に、地域からの要望等についてはどのように認識しているか
A蕨戸田衛生センターの基幹的設備改良工事が行われるが、その内容についてはどのようか。また、工事期間中、ごみ収集など市民への影響はどのようか
・商工費
(1)空き店舗の状況、活用事業の実績と今後の対応はどのようか。商店街活性化に関する具体的な対応・方針についてはどのようか
(2)商店や事業所を直接支援する施策(店舗等リニューアル助成)の必要性についてはどのように考えるか。関連して、国の小規模事業者持続化補助金の市内事業者の採択状況、及び今後の見込みなどはどのようか
(3)「蕨ブランド」認定の効果はどのようか。また、新年度の取り組みはどのような内容か
・土木費
(1)ブロック塀等撤去工事補助金について、制度内容、期間及び市民への広報はどのようか。予算についてはどのように算定したか。また、撤去が必要なブロック塀等の現状について、市内にどの程度あると認識しているか
(2)道路補修について、2018年度末での状況で、路面性状調査でDランクとされている市道はどの程度か。今後の道路整備に関わる計画や方針についてはどのようか
(3)中央第一地区のまちづくりについて、新年度事業の内容はどのようか
(4)下水道会計移行に伴うスケジュールなど
・消防費
(1)塚越分署の竣工・供用開始に至るスケジュール、仮設分署の整備の主な内容はどのようか。公園利用者への影響についてはどのように対応する考えか。引っ越しの際、出動への影響についてはどのように考えるか
(2)想定浸水深の表示について、整備の内容及び時期についてはどのように検討されているか。また、市民への広報や大規模水害時の避難方法(地域別の対応含む)について、市民の関心が高まるような取り組みを同時に行うことが効果的と考えるが、見解はどうか
・教育費
(1)コミュニティ・スクールについて、事業内容、位置づけ、課題についての認識はどのようか。また、コミュニティ・スクールの実施に向けての検討はどのようか。今後の対応方針はどのようか
(2)教育センターの役割について、今年度の成果及び新年度の事業内容はどのようか。教職員の研修及び自主的な研究・取り組みなど、支援する活動についての実績・方針はどのようか
(3)35人程度学級の予定について、実施する学校・学年はどこか。この間の効果についての認識はどうか。また、市雇用教員の研修などはどのように行っているか
(4)川口市内に設置される夜間中学の概要はどのようか。また、市内からの問い合わせや入学希望者、入学者見込みの状況はどのようか
(5)一本杉の伐採について、どのような事情によるものか。また、市指定文化財の現状と対応方針はどのようか。維持管理での課題についてはどのようか
(6)東京オリンピックに向けた対応について、小・中学校での取り組みに関して、2018年度及び2019年度事業はどのようか
(7)音楽によるまちづくりについて、今後の方針と事業内容についてはどのようか。また、市民音楽祭の実施に当たっては、企画や運営において多くの市民の参加やボランティア等での協力が必要と考えるが、どのように取り組む考えか
(8)中央公民館・西公民館へのエレベーター設置について、具体的な事業内容、スケジュールはどのようか。市民の利用にかかわる影響の周知や、利用上の協力要請などの対応はどうか
(9)学校給食について
@給食費の現状はどのようか。県内平均や他市の状況との比較ではどうか。また、給食費の未納状況とその対応についてはどのようか
A今後、無料化または減免制度導入について検討する考えはないか
  平成31年2月28日【代表質問】
3 大石 幸一
会議録を表示
録画配信を表示
1 市長の施政方針及び市政運営について
(1)市長マニフェストにおいて、達成できなかった項目とその理由。また、それに係る経費はどの程度なのか
(2)あったか市政を標榜した3期12年で一番の政策は何か。また、今後の課題はどうか
(3)過去5年程度の外国人の人口推移はどのようか。また、人口が微増傾向にあるが、国籍の内訳はどのようか
(4)外国人への対応について、災害時などを含めて、市長としてどのように考えているのか
2 平成31年度一般会計・特別会計当初予算について
(1)基本方針と基本目標について
(2)歳入歳出の目的別、性質別予算における主要な増減内容について
(3)財政の現状と今後の財政見通しについて
(4)歳入
@市税個人分の減額理由について
A法人分増額の詳細理由及び1号〜9号法人の増減についての詳細内容について
B固定資産税の土地・家屋分の詳細内容について
C市たばこ税の積算根拠について
(5)歳出
@各部の新規事業及び重点事業について
A市制施行60周年記念事業の詳細について
B協働事業提案制度の見直しの詳細について
Cぷらっとわらびルート拡充の詳細内容について
D生活保護扶助費の積算根拠(対前年度との比較)について
E橋りょう改修事業についての詳細内容について
F駅西口地区市街地再開発事業の推進についての現段階における課題と問題点は何か
G防災行政無線のデジタル化移行計画の詳細内容について
H小・中学校教育情報化推進事業の詳細内容について
(6)国民健康保険税について
@一般被保険者国民健康保険税、退職被保険者等国民健康保険税納税者数の減少理由について
(7)下水道事業の歳入・歳出について
@対前年度比における市債の増額理由及び公債費の減額理由について
3 市立病院事業について
(1)基本方針と基本目標について
(2)外来収益と入院収益の人数の増減と積算根拠について
(3)医師、看護師確保の現状について
(4)市立病院将来構想について
4 水道事業について
(1)基本方針と基本目標について
(2)新年度の工事目標について
4 一関 和一
会議録を表示
録画配信を表示
1 2019年度(平成31年度)一般会計当初予算案について
(1)10月には消費税が10%に改正される予定だが、増税による本市の行財政運営及び市民生活への影響をどのように捉え、対策はどのように講じているのか
(2)国及び県の新年度当初予算の主な動向と市財政に及ぼす影響並びに新規事業関連等の整合性について
(3)平成31年度の地方財政対策及び地方財政計画に基づく市財政との整合性について
(4)国及び県の地方交付税を含む支出金(補助金等)の増減及び新規支出金の概要について
(5)新年度当初予算編成上の基本方針と主な重点施策及び「コンパクトシティ蕨」将来ビジョン後期実現計画の見通しについて
(6)予算編成過程における事務査定・市長査定の概要と差異の要因及び透明性の確保について
(7)予算編成過程における市長マニフェストの位置づけ及び各会派の要望への対応について
(8)個人市民税の収納率県下ワースト2の汚名返上を期して、自主財源確保への強化策と数値目標について
(9)自治体の持続可能性の観点から、施策の必要性、優先度、費用対効果、受益と負担、他の自治体との事例の比較等について、市独自のガイドラインを設けているのか
(10)使用料及び手数料等の見直しを含め、行財政改革への具体的な取り組みについて
(11)市税等の滞納整理の方針と対策及び債権管理対策委員会の新年度の主な取り組みについて
(12)平成30年度の行政評価や職員提案制度の反映状況について
(13)新年度における基準財政需要額の概要と自主財源と依存財源及び一般財源と特定財源の比率と検証について
(14)経常収支比率の推移と今後の見通しについて
(15)一般会計からの特別会計及び企業会計への繰出金の概要について
(16)新年度における歳入の市債と歳出の公債費の概要及び来年度末の各会計の市債残高の見通しについて
(17)新年度4月1日現在、正規職員と非正規職員の実数と比率及び人件費の概要について。また、とりわけ非正規職員の待遇改善、定年退職職員の予定者数と退職金総額、新規職員採用見込み数について
(18)再任用職員の実数及び勤務期間、配置状況について
(19)副市長選任の見通しについて
(20)蕨市新庁舎建設基本構想・基本計画(案)の概要について
5 榎本 和孝
会議録を表示
録画配信を表示
1 議案第17号「平成31年度蕨市一般会計予算」
(1)公有財産管理費について、土地開発公社からの土地買い戻しの進捗状況と今後の見通し
(2)市制施行60周年記念事業について、グッズ作成費、謝礼、消耗品費、記念幕作成委託料などの詳細内容
(3)市民活動推進事業について、「アクティブシニアの社会参加事業」のこれまでの実績、得られた効果、また、ボランティア見本市や体験会の今後の見通し
(4)コミュニティバス運行事業について、ぷらっとわらびルート拡充の今後のスケジュール
(5)徴収事務費について、自動電話催告システムの導入により得られる効果
(6)重度知的障害者入所施設補助金について、施設入所希望者数
(7)特別養護老人ホーム用地確保奨励金について、特別養護老人ホームの待機者数
(8)民間留守家庭児童指導室運営費補助金について、公設公営、公設民営、民設民営でのサービスの違いについての考え方
(9)保育園費について、待機児童の今後の見通し
(10)子育て世代包括支援センターについて、詳細内容
(11)観光行事委託料及び観光協会補助金について、市制施行60周年記念事業として、各種まつり等に追加で出す委託料や補助金の使途
(12)駅西口広場イルミネーション一新の内容
(13)錦町土地区画整理事業特別会計繰出金について、市内で活動する「どろんこの王様」の現在の活動場所がなくなってしまうのではないかという声があるが、今後の見通し
(14)コミュニティ・スクールの導入について
@学校運営協議会の詳細内容
A学校評議員制度との違い
Bモデル地区以外の今後の見通し
(15)中学校夜間学級運営負担金について、夜間中学申込者の年齢、国籍などの構成
(16)歴史民俗資料館費について、一本杉の伐採の詳細内容
(17)学校給食運営費について、お祝い給食の内容
(18)市長の目指す「あったか市政」となるのに不足しているものと課題はあるか
  平成31年3月13日【一般質問】
1 一関 和一
会議録を表示
録画配信を表示
1 経年劣化した道路インフラ整備とコミュニティバス1台増便施策との施策の有効性の対比について
(1)2014年(平成26年)に実施した「路面性状調査」によると、早急に修繕が必要なDランクの市道が延長5.8qあると聞くが、これまでの進捗状況と新年度関連予算の概要及び今後の整備の見通しについて
(2)新年度予算にはコミュニティバスを4路線に拡充し、12月から運行開始するため、総額7,326万3,000円を計上しているが、その事務査定の経緯と事業概要について
(3)ここ3年間のコミュニティバス3台による年間運行経費と運行収入(運賃)の額と収支割合及び利用実績はどのようか
(4)2017年(平成29年)12月議会で「コミュニティバス4台目導入の是非」というテーマで問題提起をしたが、1台増便に当たっての費用対効果をはじめ、受益と負担の関係、施策の優先度や財政運営上、これまでどのような検証をしてきたのか
(5)コミュニティバスは運行経費で1台当たり年間1,260万円もの赤字を出し続け、4台目を導入すれば毎年約5,000万円もの赤字を税金で補填することになる。しかも、1台1日当たりの利用者は185人程度(総人口の1%未満)という現状から、コミュニティバス1台増便より、市民生活の安全上、喫緊の課題である経年劣化著しいDランクの市道整備のほうがより優先度が高く、総合的な施策の有効性の見地から、相当額の財政負担が伴うバス1台増便は時期尚早であると考えるがどうか
2 終活問題としてのお墓の事情について
(1)いわゆる「団塊の世代」が人生の終わりを迎えることで、日本の死亡者数は除々に増え、2040年には年148万人でピークに達すると予測されている。また、多くの人が亡くなるという「多死社会」では、首都圏で墓地不足が深刻な問題として浮上しており、自治体もその対応に苦慮していると聞くが、本市はどのように捉えているのか
(2)少子高齢化や生涯未婚率が上昇し、日本人の家族形態・家族観が変貌を遂げる中、お墓を巡る問題が深刻化しており、代々続くお墓の継承が難しくなり、「墓じまい」や「無縁仏」が増加し、そのため、公営墓地での合葬墓や納骨堂の需要が高まっているが、その必要性についてどのように認識しているのか
(3)2019年(平成31年)2月現在、当市の65歳以上の高齢化率は、23.09%に達し、中でも75歳以上の人口も8,819人、率で11.72%を占め、そのため、後期高齢者世帯は年々増加傾向にあり、単身世帯で1,645世帯、二人以上の世帯で2,126世帯が住んでいると聞くが、多様化する市民ニーズを的確に掌握する上で、墓地に関する市民意識調査や民生委員によるアンケート調査等の実施を検討する考えはないか
3 市立病院経営診断の結果と専用駐車場整備について
(1)市立病院は、施設の老朽化をはじめ、経営上様々な課題を抱えている。2018年(平成30年)6月議会で、第三者に経営診断を委ね、抜本的な見直しを図ってはどうかと進言し、既にその結果が出されているようだが、どのような課題や対策が具体的に指摘され、その結果を踏まえ、今後どのように改善していくのか
(2)これまで慢性的な駐車スペース不足を解消するため、現在、市から賃貸で借りている土地(694.85u)は、勤務医師・看護師が便宜上使用しているが、この土地を二層式駐車場に整備し、有効活用する考えはないか
2 梶原 秀明
会議録を表示
録画配信を表示
1 会計年度任用職員制度について
(1)県議会に提出されている条例の内容はどのようなものか。目的及び臨時・非常勤職員の労働条件はどのように変わるのか
(2)本市の臨時・非常勤職員の部署別人数と任期はどうか。地方公務員法第3条第3項第3号による特別職非常勤、法第22条による臨時的任用職員、法第17条による一般職非常勤、それぞれの部署別の配置はどのようか。また、2019年4月の法施行に当たり、このうちのどれほどの人数の職員が会計年度任用職員に移行する見通しか
(3)特別職非常勤(学識・経験のある人)と臨時的任用(常勤の欠員が生じた場合に厳格化)に移行する職員数の見込みと職務内容はどうか。また、フルタイムとパートタイムの区分けの基準、人数の見通しはどうか
(4)臨時・非常勤職員の給与、手当(退職手当、期末手当、特殊勤務手当など)、休暇・年休の規定はどのようか
(5)新制度での任用(採用)について、総務省のマニュアルでは「手続きなく『更新』されたり、長期にわたって継続して勤務できるといった誤解を招かないように留意」などとしている。これは臨時・非常勤職員にとって、雇用の更新の期待に反するものであると考えるが、本市での条例制定の考え方はどうか
(6)本市での雇用中断(空白期間)はどのように設けているか。新制度では、不適切な雇用中断は「是正を図るべき」としているが、本市での条例制定の考え方はどうか。また、学校における学期単位の任用での考え方はどうか
(7)新制度への移行により勤務条件が悪化する職員がいないようにするべきであるが、条例化に当たっての考えはどのようか
(8)労働条件面で格差を残したまま、義務・規律・処罰が正規職員並みに管理されると想像できるが、本市の条例制定の考え方はどうか
2 国民健康保険の運営について
(1)所得に占める国民健康保険税額の割合は、他の保険に比べてどのようか。また、税額はモデル世帯において、この30年ほどでどう推移しているか
(2)蕨市国民健康保険運営協議会の答申について、現時点での見解はどうか
(3)所得別の現年課税分の滞納者数、滞納総額はどうか
(4)差し押さえ件数及び差し押さえの対象と金額、換価件数・換価額はどうか
(5)不納欠損の件数と金額はどうか。また、不納欠損の理由の詳細はどうか
3 古川 歩
会議録を表示
録画配信を表示
1 本市のプロモーションについて
(1)次年度に市ホームページをリニューアルするようだが、その内容はどうか
@現在対応されていないスマートフォン、タブレット端末への表示対応はどうか
A増加する外国人に対するわかりやすい案内や多言語対応はどうか
Bホームページのバリアフリーに当たるアクセシビリティに配慮されているか
(2)蕨ブランド認定制度について、次年度に新たな認定を行う予定はどうか
(3)パブリシティ活動の状況と今後について
(4)ロケーションサービスの現状と今後について
2 自衛隊との関係について
(1)自衛隊と共同で行っている事業などはあるか
(2)市長は自衛隊の在り方について、どのような見解を持っているのか
(3)本市の公的施設に自衛官募集のチラシがほぼ見つからないが、理由はどのようか
(4)本市の総合防災演習における自衛隊との協力体制はどのようか。また、市ホームページの本事業開催報告に一切自衛隊が出てこないが、理由はどのようか
(5)市観光事業や市・教育委員会後援イベントで自衛隊の広報展示ブースを出すことに対する市の見解はどうか
4 高橋 悦朗
会議録を表示
録画配信を表示
1 市長就任以来の「あったか市政」の成果と積み残し及び第2ステージの展望について
(1)「あったか市政」3期12年におけるマニフェストの成果と積み残しは何だったのか
(2)市長の実績の中には、二元代表制である議員から提案した内容や会派からの要望を実現したものも含まれているが、その認識はどのようか
(3)第2ステージは、多額の財政負担が伴う道のりが予想されるが、どのような展望を描いているのか
2 NET119(緊急通報システム)の導入について
(1)本市における聴覚・言語機能障がい者の方々からの消防への119番通報はどのようであったのか
(2)FAX119の市民に対する周知と利用方法及び過去における利用状況はどのようか
(3)本市におけるNET119(緊急通報システム)の早期導入に向けた検討はできないか
(4)埼玉県警では、聴覚・言語機能障がい者に対する「メール110番」「ファックス110番」があるが、これら制度の市民の利用状況と広報活動は行われているのか
3 ぷらっとわらびの拡充事業について
(1)ぷらっとわらび運行事業において、要望の検討と課題はどのようだったのか
(2)新年度事業において、利便性の向上はどのように図られるのか。また、1台増便による費用対効果はどのようか
(3)南町3丁目町会会館前のバス停留所の設置等、地域要望に対する検討と実現に向けてはどのようか
4 想定浸水深表示の設置とマイ・タイムラインの取り組みについて
(1)想定浸水深表示の設置計画と効果についてはどのようか
(2)荒川河川氾濫の被害想定及び避難対策はどのようか。また、タイムライン(防災行動計画)は公開されているのか
(3)マイ・タイムラインの取り組みの必要性をどう認識しているか。また、小・中学校向けマイ・タイムライン検討ツール「逃げキッド」を活用した学校での防災教育はできないか
5 敬老祝金の事業縮小と「こども基金」の創設について
(1)本市の敬老祝金の推移と他自治体における事業縮小の事例についてはどのようか
(2)敬老祝金事業の過去5年における行政評価はどのようであったのか。また、その評価に対してどのような検討がされてきたのか
(3)敬老祝金事業の縮小による予算の活用として、「こども基金」の創設について検討はできないか
6 終活支援事業について
(1)高齢者の生活相談や終活についての相談や支援はどうなっているのか
(2)争族とならない笑顔相続をするために、高齢者の終活を支援する「エンディングプランサポート事業」はできないか
5 大石 圭子
会議録を表示
録画配信を表示
1 子どもの居場所づくりについて
(1)錦町にあるちびっこ広場34で開設しているどろんこの王様のプレーパークについて
@ちびっこ広場34周辺の錦町土地区画整理事業計画の予定はどのようか
A今まで西公民館や東公民館との共催でプレーパークを開催しているが、その経緯と今後の活動のサポートはどのようか
B代替え地の見通しはいかがか
(2)夕方からの居場所づくり「ぽっかぽか」が運営する子ども食堂について
@西公民館で開始した経緯と郷町会会館へ移動した理由はどのようか
A市は子ども食堂の果たす役割をどのように理解をしているか
B市は今までどのような支援を行ってきたか。また、これから新規にこども食堂などが地域に開設した場合、どのような支援が考えられるか
2 女性の生涯にわたる健康支援について
(1)ここ3年間の胃がん、肺がん、大腸がん、子宮(頸)がん、乳がんの各検診受診率はどのようか
(2)30代・40代の子育て世代のママたちのがん検診受診率はここ3年間でどのようか。また、検診の周知方法は市広報以外に何があるか
(3)市の骨粗しょう症検診結果は、60歳以上の受診者の70%〜80%が要注意、要精密という傾向があるが、30代・40代でも20%〜30%の割合にその傾向が見られる。早期介護予防の観点からも50歳前後の更年期時の検診勧奨はどうか
(4)国立がんセンターの統計によると女性の平成29年のがんの部位別死亡数は、1位大腸がん、2位肺がん、3位すい臓がん、4位胃がん、5位乳がんであるが、市の大腸がん検診受診率は、県内でも下位にある。この結果をどうみるか
(5)埼玉県の新年度予算で、たばこ税を活用して基金を新設し「がん検診受診率向上事業」や「がんワンストップ相談」など、健康づくりを推進する条例案が提出されているが、当市のたばこ税を健康づくりに活用する考えはどうか
(6)受診率向上のためのインセンティブとして、健康マイレージのポイントにラジオ体操やがん検診受診などの加算はいかがか
  平成31年3月14日【一般質問】
6 比企 孝司
会議録を表示
録画配信を表示
1 市立病院について
(1)埼玉県の地域医療構想における市立病院の果たす役割について
(2)経営・運営状況について
(3)耐震改修または建て替えの基本的な考え方及びそのスケジュールについて
2 コミュニティ・スクール(学校運営協議会制度)について
(1)学校評議員制度との違いは何か。また、新制度導入後の存続はどうなるか
(2)新年度に設置する経緯、モデル地区が塚越になった理由は何か
(3)塚越地区の校長、代表者には事前に説明、打診がされたようだが、共通理解や反応はどのようか。また、説明時期や回数についてはどうか
(4)県内でコミュニティ・スクールを設置し、運営実績がある市はどの程度あるのか。また、その事例はどのようなものがあるか
(5)本市の目指す制度・運営はどのように考えているか
3 ICT環境について
(1)学校ICT環境の整備について
@現状での環境、活用内容、成果はどのようか
Aタブレット導入の経緯と目的は何か
B多岐にわたる活用方法の具体例と指導の準備体制はどのようか
C今後の整備、導入についてはどうか
(2)市の他の分野でのICT環境の整備、導入の進捗状況について
4 河鍋暁斎と河鍋暁斎記念美術館について
(1)河鍋暁斎と河鍋暁斎記念美術館における市の地域資源としての認識ついて
(2)蕨市との連携協力に関する協定について。平成27年8月26日に河鍋暁斎記念美術館と連携協力に関する協定が締結され、包括的・継続的に連携し、協力することとしているが、各分野での取り組みについて
@河鍋暁斎記念美術館での企画展や美術展などの周知について
A地域活性化に向けた取り組みとして、蕨ブランドの認定品の内容はどうか。また、観光事業・ふるさと納税返礼品の活用などについてはどうか
Bシンポジウムの開催など、生涯学習の取り組みについてはどうか
C小・中学校での教育に活かすことはできないか
(3)河鍋暁斎と河鍋暁斎記念美術館の紹介について、蕨市の魅力としてよりいっそうの情報発信をすることが必要と考えるがどうか
7 鈴木 智
会議録を表示
録画配信を表示
1 災害対策について
(1)避難行動要支援者支援制度の取り組みについて
@現在の名簿登録状況について、総数及び地域別での人数はどのようか
Aこれまでに寄せられた自主防災会や登録対象となる市民などからの意見や要望などはどのようか。また、今後の課題についてはどのようなものがあると考えるか
B支援される側、支援する側双方に理解を広げていくことが必要と考えるが、今後の対応についての見解はどのようか
(2)大規模水害対策について
@荒川決壊など、大規模水害発生の際の本市の対応はどのようになっているか。特に市民の避難誘導や救助の体制はどうなっているか。また、市民はどのような対応を行うべきとされているか。避難所の確保状況はどのようか
A大規模水害に対応した防災の取り組みについて、どのようなことが行われてきたか。また、自主防災会における取り組みはどのようか
B大規模水害時の対応について、市民への周知はどのようか。今後、想定浸水深等の表示と合わせて、それぞれの地域に合った、より具体的な対応方法を周知していく考えはないか
2 蕨駅西口再開発における公共公益施設について
(1)図書館及び行政センターが計画されているが、再開発事業の進捗との関わりも含め、具体的な内容の検討・設計などのスケジュールはどのようか
(2)図書館及び行政センターが駅前に整備されることで、期待される効果、または期待される役割についてはどうか。また、課題はどうか
(3)現在の図書館について、市民からの要望も含め、課題についてはどのようなものがあるか。また、現在果たしている役割を新たな図書館で行うとした場合、どの程度の床面積が必要と考えるか。改善や新たな機能を整備するうえで利用できる床面積はどの程度か
(4)移転後の南町の跡地利用の基本的な考え方について。公共施設の総量抑制方針との関係でどのように考えるか
(5)市民の要望や意見、提案を生かすためにどのような対応を考えているか
3 青年への対応について
(1)意識調査や審議会・実行委員会などへの参画など、青年の意向や要望を市政に反映するための取り組みや取り組みへの参画については、どのように行われてきたか。また、今後の方針についてはどのようか
(2)公民館や体育館、勤労青少年ホーム、福祉・児童センター、児童館などの青年層の利用状況はどのようか。中・高生などの居場所や活動場所として活用を広げていくことについて、見解はどのようか
4 教育について
(1)コミュニティ・スクールの取り組みについて
@学校運営協議会の詳細について。その役割や権限、構成、開催頻度などはどのようで、人選はどのように行われるか
A児童・生徒及びその保護者、教職員などの意見はどのように反映されるか
B教職員の負担軽減との関係で、本制度導入の影響をどう考えるか
(2)夜間中学について
@川口市内に開校する夜間中学の概要についてはどのようか。また、本市の関わりはどのようか
A夜間中学について、本市の教育の中での位置づけ及び今後の対応についてはどのように考えるか
8 みやした 奈美
会議録を表示
録画配信を表示
1 あらゆる暴力の根絶を目指す取り組みを
(1)DV(ドメスティック・バイオレンス)と児童虐待について
@DVの定義はどのようか
A直近5年間のDVに関する相談件数の推移はどのようか
B本市で行っている相談体制はどのようか
C教育の現場における児童虐待の把握と相談体制についてはどのようか
D児童虐待の2017年度の内容別、年齢別の相談件数はどのようか。また、相談件数は5年前、10年前と比較するとどうか
E2017年度の児童虐待の解決状況はどうか
F児童相談所や警察との連携はどのようか
G家庭児童相談室の人員体制及び役割はどのように行われているか
(2)性犯罪・性暴力被害について
@市民からの相談状況はどのようか
A教育現場における相談体制はどのようか
B教育現場において行っている取り組みはどのようか
C市民向けに行っている性犯罪予防のための取り組み状況はどのようか
2 就学援助制度について
(1)小学校入学予定児童のいる家庭に対し、ランドセルや体操服などの学用品を購入する時期に合わせて支給すべきだと考えるが、状況はどのようか
(2)金額について、引き上げの考えはどのようか
(3)援助費目に部活動費、生徒会費、PTA会費も入れてほしいが、考えはどのようか
3 こども医療費支給制度、高校卒業相当までの拡大を
(1)市長就任後の拡充状況はどのようか。それに対する市民の声はどのようなものか
(2)こども医療費支給制度について、高校卒業相当までの拡大をするためにはどのくらいの予算が必要か
4 受動喫煙対策について
(1)国の受動喫煙防止対策に関する各種支援事業とはどのようなものか。それに対する蕨市の実施状況はどのようか
(2)市役所、市立病院、保健センター、学校、公民館、保育園等の公共施設における喫煙場所の設置状況と禁煙周知の取り組み状況はどのようか
(3)受動喫煙症についての把握はどのようか
9 榎本 和孝
会議録を表示
録画配信を表示
1 児童虐待について
(1)市内の現状
(2)市及び学校の対応
(3)現状の課題
(4)転出入時の情報伝達
2 観光行政について
(1)市に観光客はどれくらい来ているのか
(2)大きなイベントから、その後の来客などにつながっているのか
(3)観光協会の役割について
(4)レンタサイクルの導入について
3 一人暮らしの高齢者について
(1)市内に一人暮らしの高齢者はどれくらいいるのか
(2)今後の人数の見通し
(3)市として行っていること及び今後の課題
(4)孤独死の件数
4 新市役所庁舎建設について
(1)工事中、一時的に市民会館に市役所機能の一部を移転することについて、市民への影響はどうか
(2)新庁舎に地下駐車場を整備することのメリットとデメリット
(3)市としての借金総額の今後の推移
  平成31年3月18日【一般質問】
10 前川 やすえ
会議録を表示
録画配信を表示
1 中央第一地区まちづくり事業について
(1)駅前通りの整備について
(2)旧中央第一駐車場跡地の活用について
2 自転車駐車場について
(1)駅前自転車等駐車場利用状況について
(2)西口駅前再開発事業の施行中における、自転車の駐車場対策について
3 蕨市男女共同参画パートナーシッププランについて
(1)蕨市男女共同参画パートナーシッププラン(第2次)の5年間の検証について
(2)蕨市男女共同参画パートナーシッププラン(第2次)の後期計画の3つの重点施策について
@男女間の暴力防止と被害者支援の強化について
Aワーク・ライフ・バランスの推進による育児・子育てとの関わりについて
B地域における男女共同参画の推進において、防災に携わる女性の役割はどのようか
11 池上 智康
会議録を表示
録画配信を表示
1 シビックプライドの更なる醸成を図るための取り組みについて
(1)市民の皆さんが、これまで以上に本市への愛着や誇りを育むためには、よりいっそう双方向のコミュニケーション戦略が必要だと考えるがどうか
(2)シビックプライドと地域ブランドは密接な関係にあるが、本市における食・ランドマーク・エンターテイメントの代表的なもの、また、今後創り出したいものについてはどのように考えているか
(3)都市型観光を通じた地域づくりに、今後どのように取り組んでいくのか
(4)市のイメージカラーとサブカラーを策定し、これを組み合わせ、いろいろな場面で積極的に活用することで、愛着を持っていただき、誰もが蕨を連想できるようにしてはどうか
2 交通弱者の利便性を高めるための総合的な交通政策について
(1)コミュニティバスぷらっとわらびのルート拡充を図るに当たって、デマンド型交通の特徴や課題、近隣市の動向などの調査・研究をされたと思うが、その詳細内容について
(2)マニフェストを実現する年次に過度にこだわることなく、費用対効果と時代に即した観点から、ルート拡充を図る前に、デマンド型交通の実証実験を行うべきと考えるがどうか
12 山脇 紀子
会議録を表示
録画配信を表示
1 市民の要望が高いコミュニティバスのルート拡充について
(1)コミュニティバスの意義や目的及び利用者数の推移についてはどうか
(2)アンケートの結果等を通じて、市民から出されている要望や意見はどのようなものがあるのか
(3)コミュニティバスのルート拡充に向けた検討状況やスケジュールはどのようか
(4)バス停の段差解消やベンチの設置はどのように検討されているのか
2 「子育てするならわらび」保育行政の推進を
(1)保育園及び小規模保育園の新規入園希望者数と継続希望者数の推移はどうか。また、不承諾者数は年齢別でどのようか
(2)3歳児で小規模保育園から認可保育園へと移行した人数と移行できなかった人数はどのようか
(3)待機児童ゼロに向けた取り組みはどうか
(4)幼児教育・保育の無償化について、本市への影響や検討状況はどうか
(5)留守家庭児童指導室の新規入室希望者数と継続希望者数の推移はどうか。また、不承諾者数は学年別でどのようか
3 学校トイレの洋式化の推進を
(1)学校トイレの洋式化率の推移はどうか
(2)学校トイレの洋式化は、着実に進められてきている。小学校のトイレの洋式化については要望が非常に高いことから、今後は更に、トイレの洋式化を進めていってほしいと思うがどうか
4 公園・道路の維持管理について
(1)公園や道路の維持管理については市民からの要望や意見が多いと思うが、どのような対応が図られているか
(2)折れた枝や倒れそうな木の連絡を受けた場合の対応についてはどう改善が図られているか。専門知識を持つ職員の育成についてはどのように進められているか
5 福祉入浴券の拡充の検討はどうか
(1)福祉入浴券の浴場別利用者数はどうか。また、入浴券の市民の利用状況は地域別でどのようになっているか
(2)歩いて行ける距離に浴場がほしいという声が多くなっている。福祉入浴券を利用できる浴場を増やしてほしいと思うが、その後の検討状況はどうか
13 保谷 武
会議録を表示
録画配信を表示
1 公共施設への公衆無線LAN環境の導入について
(1)公共施設に公衆無線LAN環境を設置し、無償で提供してはどうか
2 町会によるネット広報への支援について
(1)市のホームページ、町会掲示板、回覧板それぞれの、市民に対するリーチ率とその推移は。市民のうちの外国人に対するリーチ率とその推移は
(2)町会掲示板に対する補助の内訳と実績は
(3)町会掲示板への補助と同様に、Web等のネット媒体による町会広報・コミュニケーションへの補助、使い方のレクチャー等の支援をしてはどうか
3 錦町土地区画整理事業地域内における新しい幹線道路の名称について
(1)都市計画道路錦町松原線の工事完了後の姿はどうなるか。いつ開放予定か
(2)都市計画道路元蕨法ヶ田線については、わらびりんご通りという愛称が命名され、近隣住民は大いに喜んでいるところである。一般的に都市計画道路名は、近隣住人にすらその名を知られておらず、親しみを感じにくい。この度開放する都市計画道路錦町松原線、既に開放済みの錦町富士見線のような新しい幹線道路については、わらびりんご通りのように、近隣住民に愛され、親しまれる名称をつけてはどうか
 平成30年第5回定例会
  平成30年12月12日【一般質問】
1 梶原 秀明
会議録を表示
録画配信を表示
1 蕨市と戸田市で分担している事業費用の分担率の見直しについて
(1)蕨戸田衛生センター組合における蕨市と戸田市の人口比の推移及び組合分担金の分担割合の推移と根拠はどのようか
(2)あすなろ学園運営費負担金における利用者数の割合及び負担割合の推移と根拠はどのようか
(3)在宅当番医制運営委託料、病院群輪番制病院等運営費負担金、小児救急医療支援事業負担金、休日・平日夜間急患診療所運営費補助金、それぞれの負担割合の推移と根拠はどのようか
(4)負担割合の見直しについて、戸田市と協議してほしいと思うがどうか
2 職員配置について
(1)ここ数年で職員を増やした部署及び減らした部署のそれぞれの理由と効果はどうか
(2)生活保護事業のケースワーカー1人当たりの担当世帯はここ数年100世帯前後で推移し、社会福祉法第16条に基づく標準数を大幅に超えている現状について、今後の方針をどのように考えているのか
(3)生活保護行政に携わるケースワーカーや査察指導員、非常勤職員の3年間の推移及び役割と効果はどうか
(4)県の福祉課から増員を求められているケースワーカーや、本年の9月議会で、最も待機の多い3歳児については15人の待機児童を解消できるとの答弁があった保育士の増員など、行政サービスの課題解決のため、正規職員を増やすことはできないか
3 路上喫煙禁止の啓発について
(1)蕨駅周辺において、「路上喫煙禁止区域」の啓発が弱まっているように見受けられる。より目立つところに看板を置く、日本語を理解しない人でもわかるようにするなど、工夫が必要と思うがどうか
4 信号機等の設置について
(1)信号機の新設が進まない理由はどのようか。県の設置基準や予算割り当ての優先順位はどのようになっているか
(2)道路診断における県への要望は、どのようなものが提出され、その結果はどのようか
5 公衆電話の意義について
(1)市民会館からタクシーを呼ぶ際に公衆電話が使えなかったという声があるが、公共施設における公衆電話の設置状況及び設置の意義をどう考えるか
2 三輪 かずよし
会議録を表示
録画配信を表示
1 犯罪被害者等支援条例制定などについて
(1)犯罪被害者等支援条例を早急に制定すべきと考えるが、市の見解はどのようか
(2)県との連携を図るべきと考えるが、具体的な連携を行っているのか
(3)窓口で対応する職員の研修等はどのように行っているのか
(4)蕨警察署や公益社団法人埼玉犯罪被害者援助センターとの連携・協定についてどのように考えているのか
2 公共施設の照明のLED化について
(1)各公民館や学校を含めた公共施設の照明を LED化すべきと考えるが、どのような検討をしているのか
3 防災対策について
(1)防災訓練について
@避難所運営訓練の今後の予定について
A避難所運営訓練の成果と課題について
B気象災害や河川の氾濫、堤防の決壊等を想定した訓練について
(2)災害時の備蓄品について
@現在備蓄している備蓄品の品目と数量及び目標数量について
A今後備蓄が必要と思われる品目と数量について
B各防災倉庫に備蓄している品目と数量の一覧表の作成及び防災関係者に対する周知について
3 一関 和一
会議録を表示
録画配信を表示
1 市制施行60周年に向けての取り組みについて
(1)市制施行60周年記念事業を計画していると聞くが、その基本的な考え方や具体的な取り組みについてどのように考えているか
(2)市制施行60周年を見据えて、早期に記念行事実行準備委員会を立ち上げる考えはないか
(3)市制施行60周年に当たっては、協働事業提案制度のテーマを「みんなで祝う市制施行60周年」として、市民団体から事業の募集を行うようだが、その実施要項や周知の方法等はどのようか
(4)記念事業の一環として、例えば、市制施行60周年プレミアム付き商品券の発行や時代背景に即した「蕨市歌」新歌詞を公募してはどうか
(5)市制施行50周年の際、どの程度の予算を費やしたのか。また、60周年は、式典や記念行事を行うため、来年度にどの程度の関連予算を見込んでいるのか
2 行政サービスにおける人工知能(AI)の活用について
(1)市は平成14年7月から情報化推進計画を策定し、行政サービスの充実及び行政事務の効率化を図ってきているが、費用対効果の検証や情報化の具体的な進捗状況及び課題をどのように捉えているのか
(2)今や人工知能(AI)の活用は、民間企業に広がるなか、地方自治体でも導入に向けての動きが活発化しているが、市は現時点で、AIへの認識をどのように捉えているのか
(3)さいたま市は、AIによる認可保育施設における入所希望者の割り当て業務の実験で、作業時間の大幅な削減を実証したが、市も行政サービスにおけるAIの活用について、民間研究所の力を借りるなど、本格的に調査・研究する考えはないか
(4)居住する外国人の割合が、県内上位の本市において、まずは、AIによる同時通訳システムを導入し、窓口における多言語対応等を実施する考えはないか
3 市への死亡関連手続きの一元化対応について
(1)我が国の年間死亡率がピークを迎える2039年には、死亡者が167万人に達すると推定されている。当市における過去10年間の死亡者数の推移はどのようか
(2)市民が亡くなった場合、葬祭後、遺族は、市に具体的にどのような申請や手続きを行う必要があるのか
(3)大分県別府市における「おくやみコーナー」のような、死亡関連手続きを一元化対応できる総合窓口を本市においても開設する考えはないか
4 元NPO法人ベストライフ不正受給額のその後の返還状況について
(1)2017年(平成29年)3月29日、介護給付費を不正請求・受領し、居宅介護事業者指定の取り消し処分となった元NPO法人ベストライフの不正受領総額約2,610万円で、平成29年度1月末現在の債務残高は、約2,340万円と聞く。その後の返還状況及び債務残高はどうなっているのか
(2)返済が滞った場合や返済不能となる前の対応
など、市は過去の債権回収不能となった事例を教訓に、どのような対策を講じているのか
4 高橋 悦朗
会議録を表示
録画配信を表示
1 児童虐待・いじめ防止対策の強化について
(1)県内におけるここ5年間の児童相談所への虐待通告件数の推移とその対応状況はどうか。また、本市の状況はどのようか
(2)通告経路と虐待者及び被虐待児の年齢や通告種別の内訳から見る特徴はどのようか
(3)埼玉県の児童虐待重大事例検証委員会報告書では、蕨市4歳男児死亡事案が報告されているが、その検証はどのように行われ、対応方法はどう改善されたのか
(4)児童虐待防止に向けた適切な対応及び取り組みの推進について、保育園の職員や学校の教職員のための児童虐待対応マニュアルはどう活用されているのか
(5)子育て家庭が社会から孤立するのを防ぐために、産前産後、そして子育てについて、切れ目なく母子を支援する「子育て世代包括支援センター」 (蕨版ネウボラ)の設置に向けてはどのようか
(6)埼玉県オレンジリボン運動の実施状況と市のオレンジリボンキャンペーンの取り組み状況はどのようか
(7)児童相談所全国共通3桁ダイヤル「189」  (いちはやく)の啓発はどのようか
(8)児童・高齢者・障害者虐待のすべてに24時間対応する埼玉県のシャープダイヤル(#7171)の啓発についてはどのようか
(9)県の「いじめ撲滅強調月間」を受け、小・中学校では、いじめ撲滅のために、どう取り組んでいるのか
(10)蕨市いじめ防止基本方針に基づくいじめ防止対策として、さまざまな取り組みが行われてきているが、それらの内容と効果はどのようか
2 東京2020オリンピック・パラリンピックに向けた気運醸成について
(1)東京2020オリンピック・パラリンピックに向けて、本市の気運醸成のための取り組みと課題は何か
(2)「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」の本市の推進状況はどのようか。また、聖火リレー誘致の状況はどのようか
(3)本市のスポーツ・文化事業等とオリンピック・パラリンピックがつながりを持てるような東京2020応援プログラムへの参画事業は検討できないか
(4)児童・生徒によるオリンピックへの参画をどのように考えているか
3 多文化共生について
(1)本市の多文化共生事業として「みんなの広場」が実施されているが、過去の交流内容と成果についてはどのようか
(2)多文化共生に関して、本市で抱える問題と対応についてはどのようか
(3)各行政窓口において、多言語対応が求められる手続きや相談についてはどのように行われているのか
(4)外国人転入者に対する多言語対応の生活マップや生活に必要な情報が詰まった「ウェルカムパック」の配布はできないか
(5)外国人転入者が増えている本市において、多文化共生センターの設置は検討できないか
5 古川 歩
会議録を表示
録画配信を表示
1 定住促進小冊子「わらびStyle」について
(1)本年度、追加で作ることになっていたが、状況はどうか
(2)本年度、作り直すことに当たっての変更点はどのようか
(3)今までは発行部数が少なく、マンションのモデルルームに置けなかった事例があったが、改善策はどのようか
2 大人に対する風しん(麻しん風しん混合ワクチンも含む)予防接種の費用助成について
(1)本市の予防接種の状況はどうか
(2)近隣市の助成状況はどうか
(3)本市では、大人への風しん予防接種に対する費用助成が一切ない。費用助成について、市の見解はどのようか
3 商店街活性化について
(1)市長就任以来、約11年半商店街活性化を言われているが、計画はどのようなものがあり、その実績は具体的にどのようか
(2)実績に対する商店街からの評価はどのようか
(3)店主の高齢化、次代への承継が問題になっているが、今までの施策と実績はどのようか
(4)このままでは商店街はなくなってしまうと多くの市民が思っている。商店街の活性化について、長期的視点でどのように考えているのか
  平成30年12月13日【一般質問】
6 比企 孝司
会議録を表示
録画配信を表示
1 留守家庭児童指導室について
(1)今年度の各指導室の在籍状況について
(2)希望者が入室できない状況及びその人数について
(3)各指導室の利用者からの要望や苦情等の状況及びその対応について
(4)市が直接運営している指導室と民間業者へ運営委託している指導室との差異について。また、評価の差異について
(5)新年度の指導体制の変更について。また、国の基準緩和に伴う人員体制の変更はあるのか
(6)民設民営指導室の開設に向けた準備状況について
(7)今後の指導室の開設及び運営体制の方針について
2 道路改修について
(1)平成29年度のDランク評価の道路改修状況と総改修状況について
(2)平成30年度の道路改修状況はどのようか。また、Dランク評価の改修状況及び総改修状況について
(3)平成26年度に行われた路面性状調査の結果は改修計画にどのように生かされているのか
(4)年々増加する道路改修の要望についてはどのようなものがあるのか
(5)今後、改修を予定している道路はどのようか
(6)今後、路面性状調査を実施する考えはあるか
3 町会への支援について
(1)町会への支援はどのようにしているのか。また、町会への依頼事項はどのようなものがあるか
(2)町会加入率の推移はどのようか。また、町会加入促進への支援はどのようか
(3)外国人住民に対する町会加入や町会活動の働きかけはどのようにしているのか
(4)不動産・宅建業界と連携して、町会加入促進の働きかけはできないか
(5)市ホームページから町会への連絡や入会届の申請ができるようにならないか
(6)町会活動を支援する専門家や地域活動支援アドバイザーの研修会を実施する考えはあるか
4 蕨駅西口地区市街地再開発事業の公共公益施設として整備を見込んでいる図書館について
(1)新図書館の規模について
(2)現図書館との規模の違いについて
(3)開館日や開館時間、パソコン利用等の利用者の要望が高い事項への対応について
(4)新しいタイプの図書館の認識について
(5)生涯学習や青少年活動、市民活動等へ集会室の貸し出しを行うことについて
(6)現図書館の今後の活用について
(7)新図書館の今後の整備スケジュールについて
7 大石 圭子
会議録を表示
録画配信を表示
1 乳幼児や小・中学生が利用する施設における感染症(インフルエンザ、ノロウイルスなど)対策について
(1)昨年度の発生状況はどのようか
@保育園
A小学校
B中学校
(2)おう吐時の吐しゃ物の処理方法などは、どのようにしているのか。また、マニュアルなどはあるのか
@保育園
A留守家庭児童指導室
B小学校
C公民館
D福祉・児童センター
E児童館
(3)現状での感染症の予防策や対応策はどのようで課題は何か
2 地域包括ケアシステムについて
(1)ここ3年の介護保険申請者数はどのくらいか
(2)高齢者の紙おむつ支給事業における支給状況と課題は何か
(3)埼玉県モデル事業の進捗状況について
@「介護予防」分野のいきいき百歳体操における介護予防サポーター養成講座受講者の稼働率はどのようか
A今年の秋の介護予防サポーター養成講座修了者からは、教室開設のための会場探しが非常に困難なため、活動に結びつかないと聞いている。市としては、このような声に対し、どのように考えているか
B介護予防モデル事業は今年3月で終了したが、評価と課題をどう分析しているか
C「自立促進」分野の地域ケア会議の開催目的、開催回数と会議の所要時間はどのようか
Dこれまでの地域ケア会議で見えてきた地域課題は何か。また、事業に反映できたことは何か
3 ごみ収集について
(1)市内のごみ集積所の数はどのくらいか。また、集積所の位置はどのようにして決めるのか
(2)ごみ収集が行われていない11月23日の「勤労感謝の日」に、ごみ出しが目立ったが、周知はどのようであったのか。また、改善策を考えているか
(3)集積所の「ごみの出し方案内板」をもっと見やすく、外国語表記などわかりやすいよう考慮したものにする予定はあるか
8 保谷 武
会議録を表示
録画配信を表示
1 埼京線の改善について
(1)多くの本市西部住民が利用している埼京線に関わる問題点、要改善点についてどのように認識しているのか
(2)過去にJR東日本と埼京線の改善について情報交換、交渉したことはあるか。その内容はどのようなものであるか
(3)終電延長要望の交渉進捗はどうか
(4)戸田駅、北戸田駅ホームへの事故防止のためのホームドア設置のスケジュールはどうか
2 スポーツ行政について
(1)目的と内訳・予算額はどうか
(2)今後は、スポーツを通じた健康増進を施策の柱として、医療費抑制を重視すべきと考えるがどうか
3 蕨市土地開発公社の分を含む、本市が所有する土地における、将来の埋設物撤去負担について
(1)本定例議会に補正予算案として上程されている、庁舎第2駐車場埋設物撤去工事について
@平成7年度土地購入時の、埋設物の有無と規模についての認識は
A購入後、建物撤去時に、杭、塀などの地下構築物を撤去せずに埋め立てた理由と経緯は
B本年10月ボーリング調査の詳細な結果は
(2)蕨市土地開発公社の分を含む、全ての市有土地の中で、地下埋設物等がある可能性がある土地、その他土壌汚染等の可能性がある土地はあるか。その調査・撤去・浄化費用の見込みは
(3)全ての地下埋設物の撤去費用の見込み総額があまりにも大きくなるようであれば、財政負担平準化の観点から、基金のような形で撤去工事費用の引き当てを行うべきと考えるがどうか
9 前川 やすえ
会議録を表示
録画配信を表示
1 議決事項の議員への報告について
(1)中央・西公民館のエレベーター設置について
(2)蕨駅ホームドア設置について
2 蕨駅西口再開発を経ての蕨市の今後のビジョンについて
(1)公共交通インフラに与える影響について
(2)既存の商店街に及ぼす経済効果について
(3)今後のビジョンについて
3 喫煙所について
(1)蕨駅西口の喫煙所の課題と対策はどのようか
10 鈴木 智
会議録を表示
録画配信を表示
1 多文化共生のまちづくりについて
(1)臨時国会で審議されている出入国管理法改正案について、本市への影響をどのように認識しているか
(2)増加が続く外国人住民について、家族形態や滞在期間・就労・就学などの現状をどのように把握しているか
(3)本市及び市民による外国人住民の支援や交流を目的にした取り組みにはどのようなものがあるか
(4)増加する外国人住民を「まちづくりのパートナー」と位置付けた仮称「蕨市多文化共生プラン」を市民参加で作成する考えはないか
2 蕨駅西口再開発について
(1)都市計画の変更に向けて、準備や手続きはどのように行われてきたか
(2)「蕨の顔、玄関口にふさわしい再開発」について、具体的にどのような内容を想定していて、蕨駅西口地域のまちづくりにどのような効果・影響をもたらすと考えているか
(3)具体的に、以下の点についての対応や見解はどうか
@商業施設の内容と周辺商店街への影響について
A商業施設や公益施設利用者、居住者、駅利用者が利用する駐輪場・駐車場の必要数の確保について
B再開発で整備する住宅への入居者の世代などの想定について
3 市営住宅について
(1)市営住宅契約者の年齢はどのようか。最近の変化はどのようになっているのか
(2)入居に関する条件などはどのようになっているか。保証人が確保できずに契約ができなかった事例はあるか。本当に市営住宅を必要としている人たちに市営住宅を利用してもらうためにも保証人の規定を削除または緩和する考えはないか
(3)国が示している「公営住宅管理標準条例(案)」が改正されたと聞くが、その内容はどのようか。また本市での対応についての検討はどのようか
4 リサイクルフラワーセンターの花苗の活用について
(1)リサイクルフラワーセンターで生産している花苗について、蕨市・戸田市それぞれの活用状況はどうか
(2)蕨市ではどのように活用されているか、活用方法ごとの利用割合はどのようか。また、町会や公園の自主管理団体での利用状況はどのようか
(3)さらに、道路わきや駅前などの植栽での活用を増やすことはできないか
  平成30年12月14日【一般質問】
11 みやした 奈美
会議録を表示
録画配信を表示
1 蕨市公共施設等総合管理計画について
(1)蕨市公共施設等総合管理計画に基づいて施設をどのように整備していくのか
(2)具体的な課題と検討すべき内容はどのようか
(3)空調設備の老朽化対策は、蕨市公共施設等総合管理計画にどう関連づけていくのか
2 蕨市独自のパートナーシップ制度の実現について
(1)性的マイノリティへの配慮について
@市民課窓口での申請書や相談窓口の体制及び市職員・教育現場における研修など、取り組み状況は具体的にどのようか
(2)高齢者事実婚への配慮について
@単身の高齢者が事実婚をしているケースがある。本市において、その実態の把握はどのようか
(3)ひとり親家庭への配慮について
@法律婚をすると子どもの氏(名字)が変わるため、2度目以降の結婚をためらうケースがあるが、本市において、ひとり親家庭における事実婚の実態の把握はどのようか
(4)パートナーシップ制度の考えと取り組みについて
@本年6月定例会の一般質問において、このテーマを取り上げ、「調査・研究する」との答弁があったが、その後の調査・研究の具体的内容はどのようか
A日本全国で同性パートナーシップ制度の請願・陳情が出されている自治体及び採択されている自治体はどこか
B市または区独自のパートナーシップ制度を実施している、または、実施予定の自治体は、策定中を含めてどのようか
C本市独自のパートナーシップ制度についての考え方と今後の取り組みはどのようか
3 粗大ごみ収集券について
(1)粗大ごみ収集券の取り扱い店舗等を決定した経緯はどのようか
(2)粗大ごみ収集券の取り扱いをしている店舗等及び場所はどのようか
(3)粗大ごみ収集券を取り扱う店舗等を拡充するための取り組みはどのようか
12 山脇 紀子
会議録を表示
録画配信を表示
1 「子育てするならわらび」保育行政の推進を
(1)2019年度に向けた保育園入園申し込みの受け付け状況はどうか。3年間の推移はどうか
(2)待機児童ゼロを目指しての取り組みはどうか。また、3歳児クラスの定員増についての検討はどのように進められているか
(3)幼児教育・保育の無償化について、すでに多くの問題が指摘されているが、自治体への影響や検討はどこまで進められているのか
(4)第2期蕨市子ども・子育て支援事業計画策定についての「量の見込み」(現在の利用状況+希望)や「確保方策」(確保の内容+実施時期)についての考え方はどのようか
2 児童虐待防止の対策を
(1)児童虐待の相談件数(2017年度の相談内容別、年齢別)はどのようか。相談件数は5年前、10年前と比較するとどうか
(2)2017年度の児童虐待の解決状況はどうか
(3)家庭児童相談室での人員体制や児童福祉課との連携はどのように行われているか
(4)こども食堂の取り組みは、孤立する子育て家庭にはとても有意義な取り組みだと思うが、本市にある子ども食堂への支援体制についてはどのようか
3 道路補修事業と雨水枡の改修について
(1)2014年度の道路の路面性状調査の結果と、Dランクでの地域別の結果はどうか。2015年度から2018年度までの地域ごとの道路補修事業における実施状況はどのようか
(2)南町の三和公園周辺の道路では、雨水枡の老朽化や盛り上がりが見受けられ、近隣住民からバス停が水たまりになるなど、水はけが悪いとの声があるが、道路補修事業を待たずに、雨水枡等の改修は行ってほしいと思うがどうか
4 介護保険制度について
(1)地域包括ケア体制の整備についてはどのような検討が進められているか。在宅医療センターの役割はどのようか
(2)定期巡回・随時対応型訪問介護看護のサービス事業者の設置について、運営事業者やサービス内容はどのようか。市立病院やかかりつけ医との連携はどのように行われる考えか
(3)特別養護老人ホームの待機者数はどうか。中央7丁目の特養ホームへの市民の入所割合の見通しはどのようか
13 大石 幸一
会議録を表示
録画配信を表示
1 本市の環境対策について
(1)「気候変動適応法」の施行に伴う本市の取り組みはどのようか
(2)「地域気候変動適応計画」策定についての本市の考えはどのようか
(3)県は既に、地球温暖化に対する今後の取り組みの方向性を整理した報告書「地球温暖化への適応に向けて」をまとめているが、この件に関して本市に通達はあったのか
2 2019年のゴールデンウィークにおける本市の対応について
(1)来年5月1日に新天皇の即位式が行われることで、祝日と休日を合わせて10連休となるが、窓口業務をはじめとする各課の業務はどうなるのか
(2)市立病院は10日間の休診とするのか
(3)保健センターの業務はどのようか
(4)水道部、消防本部における各種申請についてはどのようか
3 教育行政について
(1)学校施設環境改善交付金を利用して、小・中学校校舎内の特別教室や体育館にエアコンを設置する考えはないか
(2)緊急防災・減災事業債を活用して、指定避難所における避難者の生活環境の改善のための施設整備として、空調やWi-Fi等の設置についての考えはどうか
14 榎本 和孝
会議録を表示
録画配信を表示
1 喫煙について
(1)「蕨市路上喫煙の防止等に関する条例」による効果
(2)禁止区域以外での喫煙の状況
(3)公共施設での喫煙の現状
(4)市役所新庁舎や仮庁舎での喫煙場所の見通しと考え方
2 パチンコ店について
(1)市内のパチンコ店の数と、それに伴う税収
(2)生活保護受給者がパチンコなどのギャンブルで儲かった場合の対応
3 「市民と市長の面会日」について
(1)目的と意義
(2)最近の面会状況と主な内容
(3)面会をせず担当課を案内した件数と主な内容
15 池上 智康
会議録を表示
録画配信を表示
1 地方創生に向けた自治体SDGs(持続可能な開発目標)の推進について
(1)SDGsの認識について
(2)SDGsの達成に向けての経済、社会、環境、教育施策の取り組みについて
(3)SDGsの理念に沿った市政運営を行うために、今後どのような新たな施策が考えられるか
2 中小小規模事業者への支援策について
(1)市内経済、特に商業・生活関連のサービス業の現状をどのように捉えているか
(2)国の小規模事業者持続化補助金などとともに(仮称)地域商業活性化事業補助金や店舗等改装促進事業補助金を創設する考えはないか
(3)空き店舗の現状と空き店舗ゼロに向けての取り組みについて
 平成30年第4回定例会
  平成30年9月21日【一般質問】
1 梶原 秀明
会議録を表示
録画配信を表示
1 水害対策と避難所の計画
(1)荒川などが決壊し市域が浸水するような洪水対策はどのように立てられているか
(2)自治体が避難指示を出して、実際に避難をした住民は対象者の3%との調査結果がいくつか報告されているが、水害という災害の特性から、避難準備、避難勧告、避難指示という一連の段階の意義をわかりやすく市民に周知していくことが大事だと思うが、そのための具体的な対策をどう考えるか
(3)市民への啓発活動の一環として、電柱等へ荒川決壊の際の予想浸水深の掲示をするべきと考えるがどうか
(4)安心できる避難所のために、体育館へのエアコンの設置、温かい食事の迅速な提供、プライバシー確保のためのついたてや、家族ごとのテントの配備などをあらかじめ計画に含めてほしいと思うがどうか
2 大地震時の避難路の安全対策
(1)6月の大阪北部地震の教訓から、当市では緊急にブロック塀等の点検を行ったと聞くが、点検結果とその対策はどのようか
(2)危険性の高いブロック塀などの改修について、市民への周知はどのように行っていくのか
(3)民有地における老朽化したブロック塀の安全対策の啓発を積極的に進めてほしいがどうか
(4)安全な避難路の確保の観点から実施している生垣設置奨励補助金について、ここ数年の実績はどうか
(5)生垣設置奨励補助金制度の周知をより徹底すべきと思うがどうか。また、補助額の増額やブロック塀を撤去した場合及びフェンスに取り替えた場合などにも補助するなど、制度の拡充はできないか
3 障がい者雇用
(1)国の機関や一部の地方自治体において、障がい者雇用を水増ししていた問題が起きている。当市での障がい者雇用の実態はどのようであるか
(2)市内企業等に対して、障がい者雇用の推進をどう周知・啓発しているのか
2 三輪 かずよし
会議録を表示
録画配信を表示
1 老人福祉センター松原会館の今後及び西公民館との連携について
(1)現在運営している社会福祉協議会とどのような話し合いがなされているのか
(2)老人福祉センター松原会館施設整備等検討委員会の報告はどのようか
(3)総合社会福祉センターの障がい者の受け入れ状況はどのようか
(4)西公民館の利用者状況と利用者の部屋の確保はどのようか
2 交流プラザさくらの空調設備について
(1)入口フロントと事務室のエアコンが故障しているが、どのように対応する考えか
(2)他のエアコンについても室外機の土台が大きく傾いているが、今後の対応はどのように考えているのか
3 市内公園の安全性・利便性の確保について
(1)南町地区では、三和公園の各種改修や、まつのき公園の遊歩道の老朽化、三和稲荷公園の雨水対策・排水設備の老朽化、若葉公園の地盤沈下等の改善を求める市民の声が多い。他地区の公園においても、問題点や市民要望等を集約し、市内公園の安全性・利便性を確保するため、思い切った予算増額を図るべきと考えるがどうか
4 市内小・中学校体育館及び市民体育館へのエアコンの設置について
(1)年々暑い夏となっており、他市では、体育館での集会中に熱中症になった事例も発生するなど、体育の授業も熱中症の心配がある。普通教室へのエアコンの整備に続き、小・中学校の体育館へのエアコン整備を検討すべきと考えるがどうか
(2)子どもから高齢者まで、幅広い年齢層が利用する市民体育館の3階アリーナへのエアコン整備についてはどのようか
3 高橋 悦朗
会議録を表示
録画配信を表示
1 市民の健康づくりと環境整備について
(1)がん検診及び特定健康診査の受診率はどのようか。また目標とする受診率に対して、今後どのように推進していくのか
(2)健康長寿蕨市モデル事業と県の健康マイレージ事業の連携とはどのようか。参加者をどのように増やしていくのか
(3)本市の風疹感染状況とその対策はどのようか。また、抗体検査の実施及び風疹予防接種・抗体検査に対する助成についてはどのようか
(4)子育て支援となる「子育てアプリ」の活用について
@「予防接種スケジューラー」アプリの活用についてはどのようか
A「イクハク(育児助成金白書)」アプリの活用についてはどのようか
(5)保健センターでの検診、イベント・講座等において、利用者から多く要望がある1階トイレの洋式化について、本市はどのように検討し、改善を図る考えか
2 障がい者雇用の実態について
(1)本市の障がい者雇用率において不適用な算入はなかったか。また、雇用率の推移と法定雇用率を達成する上で、人数と課題はどのようか
(2)障がい者雇用に対するガイドラインは民間企業と国・地方公共団体では、どのようになっているのか。また、解釈の違いはあるのか
(3)本市における障害別雇用人数と所属部署はどのようか
(4)地方自治体のなかには、障がい者枠での採用を実施しているところもあるが、障がい者雇用の確保については、どのように考えているのか
(5)本市の身体・知的・精神の3つの障がい者に対する就労支援及び雇用はどのように行われているのか
3 防災対策について
(1)国が推奨する指定避難所におけるマンホールトイレの整備に向けて、どのような検討がされてきたのか
(2)避難所における生活用水等利用のための防災井戸の設置はどのようか
(3)災害時の備えとして本市の液体ミルクの備蓄検討はどのようか
4 子ども議会の開催について
(1)過去における親子議会の実施内容と効果はどのようであったか
(2)現在進行している本市の「未来に向けた3大プロジェクト」の認知や市政の理解を深めるアンケート等を小・中学校で実施できないか
(3)未来の蕨へ向けた発信となる子ども議会を開催する考えはないか
4 一関 和一
会議録を表示
録画配信を表示
1 来期の市長・市議同時選挙の実施及び政治分野における男女共同参画の推進に関する法律への対応について
(1)過去連続4回の同時選挙が執行されたが、経費や投票率、有権者の利便性の観点から、選挙管理委員会はどう総括されてきたのか
(2)地方公共団体の財政運営の基本は「最少の経費で最大の効果を上げること」という観点から、来期の市長・市議同時選挙は当然実施すべきと考えるがどうか
(3)公職選挙法の一部改正により、市議選の場合、条例で定めるところにより、当市では選挙運動用のビラが4,000枚を上限に頒布の解禁及び作成について無料とすることができると聞くが、どのような対応を考えているのか
(4)来年は市長・市議選をはじめ、県議選、参議院選、知事選と選挙が目白押しだが、投票率の向上(期日前投票を含む)や有権者の利便性の向上を図るうえで、どのように取り組んでいくのか
(5)去る5月16日、国政・地方の選挙で男女の候補者数を「できる限り均等」とすることを目指す「政治分野における男女共同参画の推進に関する法律」が可決・成立し、同法第3条以下には地方公共団体の啓発活動などが求められているが、市選挙管理委員会の同法への見解と対応についてどうか
2 蕨市災害対策基本条例制定等の見通しについて
(1)去る6月26日、政府の地震調査委員会は全国地震予測地図2018年版を公表し、今後30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率を首都圏の千葉、横浜、水戸で80%以上、さいたま市で55%と想定されたが、当市ではこの予測をどのように捉えているのか
(2)市民の防災意識の向上をはじめ、市民の生命、身体、財産及び生活を守るための対策を計画的に行い、市民や事業者、市の責務等を明確にし、連携を図り推進することは喫緊の課題である。これらを実行するため、蕨市災害対策基本条例を早期に制定すべきだが、当市はどのように考えているのか
(3)蕨市災害対策基本条例の制定に当たっては、市民との協働の観点から、素案の段階から市民団体等との意見交換会や地域ごとの懇談会をはじめ、市民検討委員会を立ち上げる考えはないか
(4)県想定の「東京湾北部地震」が発生した場合、当市の見解では、建物と家財の被害額が約335億8,000万円、ライフラインなどの被害額を含めるとその2倍程度になると推計された。これらの被害額を見据え、毎年恒常的に襲来する自然災害を鑑みて、新たな基金の創設は行政の責務だと考えるがどうか
3 低所得高齢者世帯及びひとり親世帯へのエアコン設置等の助成について
(1)去る7月23日、気象庁は猛暑に関する異例の記者会見を開き、熱中症予防を呼び掛けたが、今日まで当市の熱中症の症状で救急搬送等されたケースはどの程度あったのか
(2)本年9月現在、当市の65歳以上の人口は17,331人で、率にして23.04%であり、更に75歳以上の人口は11.52%の8,661人、平成29年度の高齢者調査によると、一人暮らし世帯は1,573人にもおよび、高齢者人口は年々増加傾向にあるが、夏冬の冷暖房対策として、当市は高齢者のエアコン設置状況をどのように捉えているか
(3)連日猛暑のなか、高齢者が自宅などの室内で熱中症になるケースも増加している。こうした現状を踏まえ、エアコン未設置の低所得高齢者世帯やひとり親世帯を対象に1台5万円程度の助成制度を設けてはどうか
(4)厚生労働省は6月27日付けの通知により、生活保護世帯での熱中症予防のため、要件を満たせばエアコン購入費用(上限5万円)の支給を認めたが、当市はこの制度を今後どのように運用していくのか
  平成30年9月25日【一般質問】
5 大石 幸一
会議録を表示
録画配信を表示
1 教育行政について
(1)平成30年度事務事業点検評価報告書について
@これまでの報告書と大きく変わった点はあるのか
A平成30年度の評価の特徴及び特筆すべき事業は何か
B個々の事務事業に対する評価の改善点や、それに応じた目標をどのように設定しているのか
C評価の結果は、当初予算に反映されるのか
(2)運動部活動の在り方に関する総合的なガイドラインについて
@スポーツ庁が策定した、運動部活動に関する総合的なガイドラインについて、教育委員会はどのような対応を検討しているのか
Aガイドラインに則り、教育委員会は「設置する学校に係る活動方針」を策定することになっているが、現状はどのようか
B各学校においても教育委員会の方針に基づいて「学校の運動部活動に係る活動方針」を策定することになっているが、現状はどのようか
2 生活保護における学習支援費について
(1)国は生活保護における学習支援費の見直しを本年10月から行うということだが、その内容と影響はどのようか
(2)運動部や文化部の活動に要する費用に変化は生じるのか
6 比企 孝司
会議録を表示
録画配信を表示
1 コンクリートブロック塀の安全点検について
(1)本市の公共施設におけるブロック塀等の状況調査はどのように実施し、その結果はどのようか
(2)公共施設における建築基準法に適合していないブロック塀等の対応はどのようか
(3)通学路にある建築基準法に適合していないブロック塀の状況についてはどのようか
(4)市のホームページで、ブロック塀等の状況確認を案内しているが、反応はどうか。また、市民が確認する上で、不明な点や改善等の問い合わせ状況はどうか
(5)ブロック塀を取り壊し、生垣を新設した場合に交付する生垣設置奨励補助金の利用件数の推移はどのようか。また、通学路や公道に面したブロック塀の撤去・改修への補助制度を導入してはどうか
2 自転車対策について
(1)自転車保険への加入促進は進んでいるか。また、更なる加入促進に向け、どのような働きかけをしているか
(2)スポーツタイプや電動アシスト付きの自転車の普及が進んでいる。事故防止対策・啓発はどのようか。また、ヘルメット着用についてはどう啓発しているか
(3)スケアード・ストレイト安全教室を保育園の園児・保護者対象で実施できないか
(4)放置自転車の状況やその撤去状況はどのようか。また、改善は進んだのか
(5)自転車盗難件数及び盗難場所別件数の推移はどうか。また、施錠していない自転車の盗難件数の推移はどうか
(6)有料駐輪場内で施錠していない自転車が多く見られるが、対策は講じているか。また、有料駐輪場からの盗難件数の推移はどうか
(7)歩道や路側帯に常に駐輪している自転車やバイクが見受けられるが、対策は講じているか
3 災害時の避難と避難所運営訓練について
(1)町会・自主防災会における避難所運営訓練の普及状況はどのようか。また、運営訓練を実施した上でのノウハウ、反省点等はどのように集積されたか。更に、実施団体へ報告や公開はされているか
(2)災害の想定については、地震と水害では対応が異なるが、訓練の場合、どのように区別するのか
(3)学校施設内への避難はどのような手順で実施されるか
(4)避難行動要支援者や優先されるべき避難者への対応はどう区分されるか
(5)学校において、体育館以外の避難場所ともなる教室等への避難手順は、どのように決められているか。また、その手順は各学校でマニュアル化されているか
(6)ペット同伴の避難希望には、どう対応するか
7 大石 圭子
会議録を表示
録画配信を表示
1 子育て世代を中心としたくらし防災について
(1)本市の災害対策用品等の備蓄状況はどのようか
(2)総合防災演習への子育て世代の参加状況はどのようか
(3)子育て世代のために、本市はどのような防災の取り組みをしているか
(4)日々の暮らしのなかで、市民がすぐできる防災行動のヒント集などを作成しているか。また、その周知方法はどのようか
2 産前産後サービスとサポートについて
(1)妊娠・出産を通しての市としてのお祝いの気持ちを表すサービスは何があるか
(2)平成28年度に事業の再編成をした保健センターの産前事業(パパ・ママ講座、プレママ講座、妊婦体験講座など)の評価はどのようか
(3)乳児家庭全戸訪問指導(新生児・産婦訪問指導)で行っている産後うつ質問票(EPDS)と子育てサポート確認シートについて
@質問票から見たここ3年間の産後うつの発症状況はどのようか
A産後うつに対して、どのようにフォローしているのか。好事例があるか
B子育てサポート確認シートから見えてくる課題は何か
C平成29年度の全戸訪問数における外国人の数と割合はどのようか。また、言葉が通じにくい外国人の産後の状況は、どのように把握しているのか
D産後うつの主な原因は、家事や育児負担と言われているが、その支援として、本市にはどのようなサービスがあるか
E平成29年から厚生労働省が健診費用を助成している産後2週間、1か月のうつ予防健診は、早期予防として必要性が高いと思われるが、本市はどのように考えるか
3 認知症の方を支える取り組みについて
(1)サポーター養成講座の修了者が2,000人近くになってきたが、今後、この人材をどのように活用していくのか
(2)学校教育で認知症を学ぶ機会はあるか
(3)若年性認知症の場合の家族支援はどのようなものがあるか
(4)介護保険事業計画での第7期家族介護支援事業には認知症介護の研修会や介護者の交流会などがないが、今後の展望はどのようか
8 みやした 奈美
会議録を表示
録画配信を表示
1 錦町土地区画整理区域内のわらびりんご通りの交通安全対策について
(1)整備状況はどのようか
(2)西小西門近くの交差点(さいたま市境の県道・主要地方道朝霞蕨線とわらびりんご通りが交差するところ)に、県道と並行する形で、信号機と横断歩道を設置してほしいがどうか
(3)蕨中央通り線との交差点に早く信号機を設置してほしいとの要望があるがどうか
2 就学援助について
(1)小学校の入学前支給についての検討状況はその後どのようか
(2)対象者の把握方法、市民の申請方法や認定手続等はどのようか
(3)他市との転出入に関する取り扱いについてはどうか
3 中央公民館、西公民館の施設整備について
(1)西公民館と中央公民館のエレベーター設置に関する調査及び検討状況はどのようか
(2)西公民館のエアコンが壊れており、現在はレンタルの状態となっている。エレベーター設置との関連性及びその詳細な内容は具体的にどのようか
4 松原会館の老朽化について
(1)2017年(平成29年)の3月定例会において、この問題を取り上げたが、老朽化に伴う対策など、その後の進捗状況はどのようか
(2)松原会館の利用状況はどのようか
(3)建て替えや改修等の対策を積極的に支援してほしいが、老人福祉施設としての必要性をどう認識しているのか
5 外国人等への「やさしい日本語」の研修などの取り組みについて
(1)「やさしい日本語」についての職員研修等の取り組み状況はどのようか
(2)教育センターの日本語特別支援教室で学んだ子どもたちと日本人の子どもたちの学校での関わりはどのようか
9 榎本 和孝
会議録を表示
録画配信を表示
1 危険なブロック塀について
(1)市内の公道に面した危険なブロック塀はどの程度あるか
(2)通学路における危険なブロック塀の確認は行ったのか
2 消費税の増税について
(1)来年に予定される消費税の増税による本市への影響は
(2)幼児教育・保育の無償化により予想される影響は
3 消防救急デジタル無線の談合について
(1)全国の自治体が発注した消防救急デジタル無線の入札で談合が繰り返されていたが、本市の導入に当たっては、どのようであったか
  平成30年9月26日【一般質問】
10 鈴木 智
会議録を表示
録画配信を表示
1 内水被害などへの対応について
(1)8月27日の夕方の暴風雨及び台風21号による被害はどのようか。また、それぞれにおける市内の風雨の状況はどうだったか。さらに、本市の対応はどのようだったか
(2)雨水桝及び下水道管などの清掃・管理はどのように行っているのか。浸水や道路冠水が多発する箇所についての対応はどのようか。新たな施設整備を含めた対策についてはどのように考えるか
(3)土嚢の配布についてはどのように行っているのか。特に、高齢者世帯など、自力で運ぶことのできない世帯に対しては、土嚢配布(回収含む)について、きめ細かな対応が必要と考えるがどうか
2 猛暑対策について
(1)全国的に記録的な猛暑となったが、本市内の状況はどのようだったか。また、熱中症による救急搬送や市立病院への来院はどの程度あったか
(2)市内公共施設でのクールオアシスの開催・利用状況はどうか。市民への広報はどうだったか
(3)小・中学校の授業や行事、施設利用、部活動などへの影響や対応はどうだったか。また、児童や生徒、保護者などの反応や意見はどのようだったか
(4)生活保護世帯に対して、一定条件の場合にエアコンの購入・設置費用が支給対象となることとなったが、その内容及び本市での実績はどうか
(5)高齢者のみの世帯や障がい者、就学前児童、一定以上の要介護認定者などがいる世帯で、エアコンを所有していない世帯に対し、エアコンなどの冷房機の購入や設置の補助制度を実施する考えはないか
3 市民葬について
(1)現在の制度内容及び今年度の利用状況はどのようか。また、遺族の負担を軽減するために利用できる制度としてはどのようなものがあるか
(2)火葬だけでも一定の補助ができるようにするなど、現状に合った、より使いやすい制度へ検討する考えはないか
4 生活保護について
(1)今年10月から予定されている制度改定の内容はどのようか。生活保護費の支給額はどのように変わると考えられるか。全体の傾向などはどのようか
5 市立病院の課題と対応について
(1)患者サービスの向上に向けてどのような取り組みが行われてきたか。また、患者アンケートの結果や受診者の声からどのような課題があると考えているか
(2)医師、看護師など、職種別の職員数(正職員だけの人数と、非常勤も含めた人数それぞれ)は、どのように推移してきたか。また、それぞれの人員確保に向けてどのように取り組んできたか。全国的に看護師等の過重労働が指摘されているが、負担軽減や労働環境改善に向けた取り組みはどのように行われてきたか
(3)将来構想の策定に当たり、基礎調査結果についてはどのようか。また、市民や病院職員の意見などを反映させるためにどのようなことが行われてきたか
11 古川 歩
会議録を表示
録画配信を表示
1 安全安心で住みよいまちづくりについて
(1)市内の犯罪件数は減少傾向にあるが、依然として犯罪率は県内上位にあることについて
@刑法犯認知件数、犯罪率の推移はどうか
A犯罪を減らすための施策とその効果はどのようか
B依然として自転車盗の割合が4割近くある。対策とその効果についてはどうか
(2)防犯灯及び街路灯について
@市内防犯灯、商店街街路灯のLED化についての効果はどうか
(3)外国人との共生について
@ごみの出し方の周知について現状と対策はどうか
A町会参加を促す多国語版の勧誘チラシを作れないか
2 本市及び教育委員会の後援事業における政治的中立性について
(1)後援事業で政治的中立性が保たれていないと思える事案について
@後援の基準はどのようか
A後援の判断は誰が行っているのか
B本市及び教育委員会の後援件数はどのようか
C政治的中立性に問題や不安があると思われる事案についてはどのような対応を行っているのか
12 山脇 紀子
会議録を表示
録画配信を表示
1 コミュニティバスのルート拡充に向けて
(1)コミュニティバスのルート拡充に向けた検討状況やスケジュールはどうか。市民に広報できる時期はいつ頃になる見込みか
(2)バス停の段差解消やベンチの設置についても併せて検討しているのか
2 防災行政無線について
(1)防災行政無線での迷い人の放送について、6月は毎日のように多く流れていたが、迷い人の放送についての規定はどのようになっているのか。また、発見に至った場合にはHP等に掲載するなど、市民への広報についてはどのように考えるか
(2)小学校の下校時間帯に、児童の声で地域への見守りをお願いする放送をしている自治体があるが、当市の考えはどのようか
3 「子育てするならわらび」保育行政の推進を
(1)直近での認可保育園、小規模保育園、留守家庭児童指導室の定員と入園・入室児童数(年齢・学年)はどうか。また、待機児童数についてはどうか
(2)引き続き、待機児童ゼロを目指しての取り組みが求められるが、どのような対応を図っていく考えか
(3)来年4月に病児・病後児保育室を開設する予定だが、定員や受付方法、保育料等どのような検討が行われているか
(4)民間留守家庭児童指導室の公募が行われたが、選定に当たっての考え方はどうか。今後は学校敷地内への増設が望ましいと考えるがどうか
4 平和行政の推進を
(1)蕨市平和都市宣言の普及啓発を進めてほしいと思うがどうか。再来年は平和都市宣言35周年となるので、宣言文を載せたクリアファイルなどを児童・生徒に配布するなど、特別な普及啓発を進めてほしいと思うがどうか
(2)広島市・長崎市が主催する平和祈(記)念式典へ平和大使として市民を派遣する取り組みを行ってほしいと思うがどうか
(3)小学校での戦争体験者による語り部の活動を進めてほしいと思うがどうか。2017年度の各小学校での取り組み状況はどうか
13 松本 徹
会議録を表示
録画配信を表示
1 ブロック塀の安全対策について
(1)小・中学校等の公共施設の点検調査結果について
(2)今後の撤去・改修計画について
(3)通学路における点検調査について
(4)民間の施設や住宅に設置されているブロック塀の実態調査について
(5)民有地にある危険なブロック塀の撤去に対する補助制度を導入する考えはないか
2 大規模水害における実効性のある避難対策について
(1)近年の全国の大規模水害における市の見解について
(2)大規模水害における実効性のある避難計画について
(3)市民のハザードマップの認識度について
(4)最大規模の洪水を想定したハザードマップの早期改訂について
(5)市民への防災情報の伝達方法の現状と今後の取り組みについて
(6)市民に的確に避難情報等を伝達できる戸別受信機(防災ラジオ)を導入する考えはないか
3 認知症高齢者等の社会的弱者の権利擁護を担う成年後見制度について
(1)平成28年4月に成立した「成年後見制度利用促進法」に基づき、平成29年3月において閣議決定された「成年後見制度利用促進基本計画」の内容について
(2)市の現状と今後の取り組みについて
(3)志木市のように、成年後見制度の利用を促進するために条例を制定している自治体もあるが、当市においても、仮称「蕨市成年後見制度活用促進条例」として制定する考えはないか
(4)仮称「蕨市成年後見制度利用促進基本計画」の策定について
14 前川 やすえ
会議録を表示
録画配信を表示
1 包括連携協定について
(1)企業との包括連携協定の推進について
@現状はどのようか
A今後の活用について
2 災害対策の拡充強化について
(1)災害対策に対する考えについて
@酷暑対策について
A上水道対策について
B液状化現象について
C備蓄品について
D外国人の避難について
Eペットの避難について
3 地域福祉計画の策定について
(1)きめ細やかな地域包括ケアシステムの構築のために必要な計画と考えるがどうか
15 保谷 武
会議録を表示
録画配信を表示
1 河川氾濫に対する防災について
(1)洪水ハザードマップにおいて、市域のみを掲載するのではなく、市外における河川の想定堤防決壊地点も含めて広域を掲載するものとし、より強くリアリティを感じられるようにしてはどうか
(2)河川氾濫時の避難計画(蕨市地域防災計画第3編風水害対策計画、3部災害応急対策計画、3章水防対策、4章救援・救護活動対策、3節避難活動)において、震災対策計画を準用することをせず、市内全域が浸水する可能性があるという災害の特性を鑑み、中高層建築物や市外への避難も含めて見直してはどうか
2 本市独自の海洋プラスチック汚染対策について
(1)近年、マイクロプラスチックによる海洋汚染が深刻な問題になりつつある。国レベルの根本的な対策が施されるまでの過渡期の暫定的な措置として、市内の飲食店・小売店等におけるプラスチック製ストロー・袋等の無償提供の禁止ないしペナルティ設定をしてはどうか
3 西公民館のエアコン故障の現状と対策について
(1)故障の経緯は
(2)現状と今後の見通しは
4 西小学校通学路の交通安全対策について
(1)わらびりんご通り(元蕨法華田線)の西小学校西側部分(蕨中央通り線交差点から県道朝霞蕨線交差点までの部分)が本開通したことについて
@通学路の安全確保はどのようか
Aわらびりんご通りと蕨中央通り線交差点の交通信号設置の見通しは
B路上待機トラック対策はどのようか
 平成30年第2回定例会
  平成30年6月15日【一般質問】
1 一関 和一
会議録を表示
録画配信を表示
1 市立病院の経営診断の実施について
(1)第2次蕨市立病院経営改革プランの行動計画には、さまざまな取り組みが立案されているが、これまでの実施状況の点検、評価、公表と追加された改革プラン(改訂版)で示された改訂内容の実効性の確保についてどう考えているか
(2)全国の自治体病院の多くは経営状況が依然として不調に陥っており、従来の使命である「公共の福祉の増進」から「経済性・効率性」を最優先させる経営形態の見直しが進められていると聞く。ここ数年黒字基調ではあるが、当市の市立病院における改革プランは、この流れに齟齬をきたしていないか
(3)改革プランには、「経営効率化」「再編・ネットワーク化」「経営形態の見直し」「地域医療構想を踏まえた役割の明確化」の重要性を謳っているが、この中で最も重要と捉えているのは何か。また、今後どのように具現化していくのか
(4)公益社団法人全国自治体病院協議会では、病院の依頼により、経営診断を実施していると聞くが、建物の更新(建て替え)が差し迫るなか、改革プランの有効性の検証や将来構想の策定等に資するうえで、市立病院も経営診断を依頼してはどうか
2 高齢者向けお助け情報ガイドブックの作成について
(1)当市の高齢化が加速している現状があるなか、高齢者の誰もがいきいきと自立した生活を送るための手助けとして、市の高齢者福祉サービスをはじめ、地域資源(お弁当や食品の配達、医療機関や飲食店などの一覧、高齢者クラブ等々)を網羅した実用的な情報ガイドブックを作成する考えはないか
(2)昨年の12月議会で、生前に当事者の意向が一目瞭然にわかるという蕨版のエンディング (終活)ノートの作成を提案したが、その後の進捗状況はどのようか
3 私道下に埋設する上下水道管の老朽化の現状と課題について
(1)北町地区は旧農水路跡地や私道が散見し、私道舗装も未整備のまま残存している箇所がある。市は道路管理者として、道路占有物件を含む私道管理について、この現状をどう認識しているか
(2)国(厚生労働省)は、老朽化した水道管の更新を加速するため、「水道施設台帳」の作成を市町村に義務付ける方針を固めたと聞くが、その対応方針とともに、市道(公道)及び私道下の水道管や下水道管の老朽化の現状をどのように認識しているのか
(3)北町地区等の私道下に埋設された上下水道管は高度成長期以降に設置され、維持管理、更新、老朽化対策が喫緊の課題である。老朽化した上下水道管の布設替えの際の新たな助成制度を要望する市民の声を含め、こうした喫緊の課題の対応を市はどのように考えているか
4 通学路における歩行者用信号機の設置促進について
(1)当市の通学路における歩行者用信号機の設置状況はどのようか
(2)通学路における交通量の多い交差点などには、児童・生徒の交通安全上、優先的に歩行者用信号機の設置を促進すべきと考えるがどうか
(3)登下校時における最近の事件・事故を鑑み、教育委員会として通学路の安全対策をどのように考え、改善していくのか
2 梶原 秀明
会議録を表示
録画配信を表示
1 第5期蕨市障害福祉計画と福祉に関するアンケート調査結果について
(1)計画策定の趣旨と目標はどのようであるか
(2)団体ヒアリングとパブリック・コメントで出された意見等は、計画にどのように反映されているか
(3)本年4月に公表された厚生労働省の「平成28年生活のしづらさなどに関する調査」によると、18歳以上65歳未満の障がい者の本人平均月収は、「6万円以上〜9万円未満」が最多となるなど、厳しい家計状況が判明している。当市のアンケート結果からも、障がい者の暮らしの厳しさが読み取れると思うが、認識はどうか
(4)同調査では、65歳未満で福祉サービスを利用していないとする人が53.7%である。当市のアンケートから、「利用していない」との回答はどの程度あり、その理由はどのように認識しているか。また、周知についての今後の課題はどうか
(5)障がいのある人が65歳になると介護保険が優先され、これまでに受けていた障がい者サービスが受けられなくなる事例が、他市等で散見されるが、当市の状況はどうか
(6)障がいのある人の高齢化、「親亡き後」を見据えてのサービス拠点の整備、コーディネーターの配置などをどのように進めていくか
(7)障がいのある子どもの学校教育において、発語は難しくても、パソコン操作によって表現できる子どもへの対応を求める声があるが、「障害のある子ども本人の最善の利益を考慮」する観点から、改善できないか
(8)入所施設の県南地域への設置に向けての検討状況はどうか。ここ1、2年間の関係者との協議状況と今後の見通しはどうか
(9)発達障がい・難病患者を含む、精神障がいのある人への地域包括ケアシステムの構築をどのように進めていくか
(10)難病患者への福祉サービスの周知を進める課題への対策はどうか。また、難病患者への特定医療費の支給はどのように進んでいるか
(11)当市の計画には「均てん化」との言葉があるが、障害区別等の違いにより、障がいのある人の特性が大きく異なることについての認識と 「均てん化」の意味はどのようか
2 避難所を誰でも安心できる場所にするために
(1)避難所の国際基準としてスフィア基準が注目されている。一人当たりの面積基準を3.5平方メートル以上、女性用トイレは男性用に比べ3倍にするなど、安全で快適に暮らせる基準を当市でも参考にして避難所計画を立ててほしいと考えるがどうか
(2)特に配慮を要する人が入る福祉避難所におけるプライバシーの確保、障がい等の特性に応じた配慮、バリアフリーなどについての計画はどうか
3 国民健康保険法第44条に基づく一部負担金の減免制度について
(1)当市の制度の概要及びここ10年程度の実績はどうか
(2)高額療養費制度の自己負担上限額が15年程度上昇しているが、低所得世帯における上限額の推移はどうか
(3)手持ち金が少なく、入院を控えるという市民の声がある。一部負担金の減免制度の周知を強めていくべきと考えるがどうか
(4)無料・低額診療を実施している医療機関を市が紹介することはできないか
12345 次へ  最後へ登録件数 682 件    
Copyright(c) 2007- 蕨市議会公式サイト Warabi City Council. All Rights Reserved.